« TMPGEnc 3.0 XPress Ver.3.0.2.19 | Main | うちのAV環境@2004年4月版 »

2004.04.29

4:3テレビで16:9コンテンツ表示

ここ4,5年の4:3テレビって走査線圧縮表示モードがあったりするんだよねぇ。
S2端子やD端子で接続すると、16:9モードの信号を自動認識して縦75%(9/12)の領域に走査線を圧縮して表示する寸法。
最近のテレビは解像度が高いので、4:3テレビに16:9で表示しても十分解像度が得られる訳だ。

こういう16:9モードを持つ4:3テレビをDVDレコーダに接続するときは、DVDレコーダの設定で16:9テレビに接続、という設定にしないと解像度変換が発生して解像度が75%(360ピクセル)に落ちるんだよね。
プラネテスやちょびっツだとあんまり気にならなかったけど、キングゲイナーでは解像度落ちが非常に顕著だったから、気になる人はここを設定するといいみたい。

ただし、こういうモードを持っていない4:3テレビで上記設定で16:9コンテンツを表示すると香港映画みたいに縦長(スクィーズ)な映像になるので注意。
この場合はサービスモードとかで表示領域を縮めるか、普通に4:3接続設定にするか、どちらかを選択する必要がある。
ワイドテレビの場合もDVDレコーダの接続設定を16:9に正しくしておくと幸せになれるねぇ。

とりあえず設定方法はDVDレコーダのマニュアルか、メーカーサイトでマニュアルをダウンロードするとよろし。

|

« TMPGEnc 3.0 XPress Ver.3.0.2.19 | Main | うちのAV環境@2004年4月版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/511504

Listed below are links to weblogs that reference 4:3テレビで16:9コンテンツ表示:

« TMPGEnc 3.0 XPress Ver.3.0.2.19 | Main | うちのAV環境@2004年4月版 »