« August 2004 | Main | October 2004 »

September 2004

2004.09.21

うちの臨時収入はどこへ行ったのやら(笑)

と一緒にお立ち台に上がったんだけど、こいつの収入はどこへいったのやら(笑)
賞金 + 一時金 + 有給買い取り + 夏ボ
で100万ちかいお金をもらったのに ... PowerBookと酒と肉と食費に消えたのか(笑)
まさしく酒池肉林だねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.20

Windows Server 2003 + Windows 98でコンピュータ一覧不可

最近、仕事でWindows NT 4.0ドメインからWindows Server 2003 ActiveDirectoryへの移行をよくやってるんだけど、Windows Server 2003って、ADドメインコントローラとして使えるようにセットアップすると、Windows 9xだといくつか困ることがあるみたい。

  1. ネットワークコンピュータにコンピュータの一覧が表示されない
  2. 普通、ネットワークコンピュータを開くと、所属しているワークグループのコンピュータ一覧が表示されるんだけど、これが表示されなくなる。

  3. ドメインコントローラ内の共有フォルダ、プリンタ参照が不安定
  4. 共有フォルダの一覧が参照できたり、できなかったりとか、「リソースへのアクセス権がありません」エラーが表示されたり、IPC$へのパスワード要求がされたりと、どうも不安定なことが多いんだよね。

いずれも原因はSMB署名がらみみたいなんだけど、ドメインコントローラセキュリティポリシーを変更することで対応可能。
以下の2項目を無効に設定することで、しばらくすると参照可能になる。


  1. Microsoft ネットワーク クライアント:サーバーが同意すれば通信にデジタル署名を行う

  2. Microsoft ネットワークサーバー : 常に通信にデジタル署名を行う

これ、スタンドアロンの2003だとデフォルト無効なんだけど、ドメインコントローラにした時点でポリシーが自動的に変更されるんだよね。だから、意外と気づかない落とし穴。

この問題調査するためにいろいろ調べたんだけど、コンピュータ一覧参照なら「Windowsネットワークのブラウジング問題の解明」が理解しやすかったかも。
「連載: Microsoft ネットワークを解剖する」は理解に時間がかかったけど、上記でブラウズ周りを理解したら結構楽に理解できるようになったかな。

「アンドキュメンテッドMicrosoftネットワーク—誰も知らなかった『ネットワークコンピュータ』の秘密」(amazon)も買ったし、もうちょっと調べてみよう。

意外と落とし穴なのはWINSサービスがコンピュータ名一覧を提供しているわけではないこと、かな。
コンピュータ名の一覧はローカルマスタブラウザが提供しているので、サブネット越えをする場合はローカルマスタブラウザがWINSサービスやLMHOSTSファイルを正しく参照できる環境がないとうまく参照できない、ってのがポイント。
マスタブラウザは勝手になっちゃうので、Windows CD-ROMのサポートツールにあるbrowstatコマンドを使って調べるなど、ちょっと面倒かもしれないかも。
開発系のフロアだとファイルサーバや開発サーバが乱立するから、意外とこういうことを忘れがちなんだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.05

JAZZ Take 5購入

jazztake5/jazz-pcs

ソルダムでJAZZ Take 5の店頭戻り品が半額で売られていたので購入。
さっそくMT-PRO1500から入れ替えてみたので、ちょろっと比較

  1. 最上部5インチベイのケーブル取り回しが狭い
  2. jazztake5/jazz-internal
    今回の電源はVariusII 400が標準装備だったけど、最上部の5インチベイは電源にかなり近い位置にあるので、ケーブルの引き回しが結構面倒。 今はいいけど、Prescottとか対応の電源を入れる場合は注意が必要かもね。

  3. ハードディスクは最後につけること
  4. ハードディスクを取り付けると、マザーボードから電源スイッチとかLED、音声ケーブルの配線が出来なくなるくらい狭いから、標準装備のハードディスクベイは最後につけると楽。
    手回し式のネジが付いているので、あとからの取り付けも楽だしね。

  5. BAY LEAFは色もマッチするけど、イジェクトスイッチが使いづらい

  6. jazztake5/jazz-mtpro1500
    まぁ、これは構造上しょうがないけど、もうちょっとイジェクトスイッチが使いやすければねぇ。
    ちなみに、BAY LEAFを利用する場合、位置合わせが大変だけど、松下LF-D521JD DVD-Multiドライブの場合は、フロントパネルの可動フタを外して一番奥位置に取り付ければ、スイッチもちゃんと動くので位置合わせはそんなに気にしなくてOKかも。

  7. ドライブベイの配置は結構悩む

  8. jazztake5/jazz-bay
    上4、下2に分割されているので、オプションのHDホルダーをフル装備したい場合は、DVDドライブとGeneral USB 2.0キットを一番上、または一番下に搭載しないとダメだから、ドライブの配置は結構悩むかもね。
    今のところはHD3台だから、とりあえずは標準装備ベイだけでOKだけど。
    あと、フロントファンのすぐ奥に標準ドライブベイを装備しているので、HDホルダーを増設した場合も標準ドライブベイは使用可能。
    でも、電源ケーブルが不足するから、フロントベイにHDホルダーを2個増設したら、背面側の標準ベイは使わなくなるかもね。

  9. フロントパネルの破損に注意
  10. フロントパネルの片側の固定はジュラコンキャッチだけど、もう片側の固定はプラスチックの爪なので、フロントパネルを持って移動させると破損するかもしれない。
    移動時は必ずサイドパネルを持つとかしてフロントパネルを手でつかまないで移動した方がいいかもね。

MT-PRO1500の350W電源だと、FF11ベンチで高解像モードだと電源容量不足で強制的に電源が落ちてたけど、400Wに増えたおかげでちゃんとFF11ベンチも完走するようになったし、満足かな。

ということで、MT-PRO1500はどこかに売る予定だけど、どうしよっかな。
一応BAY LEAFとドライブベイはフル装備(標準2 + フロントファン付き2台搭載 + メッシュマスク+ドライブファン付き3台搭載)なんだけど、引き取り手が付くかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »