« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

2005.01.30

ドラマCD 「瀬戸の花嫁」購入

タイトルは小柳ルミ子のアレではなくて、ガンガンWING連載中のマンガ。

単行本(amazon)は買ってたので、せっかくだからドラマCDもAmazonで1巻2巻を購入。

実家が愛媛なので、瀬戸内の言葉はなじみがあるからちょろっとチェックしてたんだけど、内海御大の極道ぶりと三石さんの姐さんぶりが流石というか(笑)
BGMも極妻っぽくてアレなのは置いておくとして、愛媛とか香川の瀬戸内圏は広島弁とイントネーションとか共有しているところが多いから、セリフが仁義なき戦いしてるよなぁ(笑)

ということで、瀬戸内系の言葉を久々に聞いてみたけど、ネイティブじゃないトコとちょっと芝居が強いかも。
笑えるからいいんだけどね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.23

BHR-4RV購入

今まではマイクロ総研のNetGenesis SuperOPT 50を使用していたんだけど、さすがに古くなったのでBUFFALO BHR-4RV(amazon)を購入してみた。
例によって家電量販店員の弟から調達したので、価格は以下省略(笑)

ということで、色々とセットアップしてみたので感想。


  1. スループット向上

  2. ベンチマークサイトで測定してみたところ、
    上り:30Mbps〜40Mbps → 60Mbps〜70Mbps
    下り:13Mbps〜14Mbps → 13Mbps〜14Mbps
    ということで、下りのスループットが改善された。
    SuperOPT 50も出た当時は最速だったけど、さすがに2年経つとフツーのルータに抜かれるなぁ。
    speed.rbbtoday.comの計測結果

  3. VPNは結構使える

  4. BHR-4RVはPPTPサーバ機能を持っていて、VPNサーバとして使えるんだけど、最低限度の機能は持ってるので、いままでISDN使ってアクセスしてたときと変わらない感じでアクセスできるね。
    もっとも、VPNでパケット食われてる分だけ少し遅いんだろうけど。

  5. PPTPパススルー対応なのに会社のVPNにアクセスできない???

  6. ファームウェアの問題なのか、よくわからないけど、PPTPパススルー対応のはずなのに、なぜか会社のVPNサーバにアクセスできない。
    この辺はまだよくわかってないから要検討だね。

とりあえず、PPTPパススルーの件は要調査として、VPNサーバが使えて速度が上がったからよしとするかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.14

堀えもんが自爆ボタンを販売

年末に見てから気になってた、太郎商店の自爆ボタンだけど、通販ないから買うの悩んでた。
アシストオンに委託してるらしいけど、実店舗まで行ってる暇なかったしね。

でも、今日やじうまWatchを見たら、ライブドアデパートで売ってることが判明。

やっぱりタイムボカンな世代にとって、自爆ボタンは基本アイテムだよね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.13

iPod Shuffle

MacEXPOの基調講演ではいつものone more thingでiPod Shuffleが発表になったわけだけど、すでに20GB iPod(amazon)を持ってるから、音楽プレーヤとしてはそれほど欲しくないかな。

でも、USBメモリとして買うなら、寸法は少し大きいけど安いかなぁ...と思ってたら、最近のUSBメモリは1GBでも意外に安い(amazon)んだねぇ。

iPod Shuffleを買うなら1GBモデル(amazon)かな。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Mac mini

MacEXPOで公開されたMac miniだけど、ジョブズから見ればCubeのリベンジとも取れるな。
iBookの中身をそのまんま弁当箱に突っ込んだような気もするけど、どうせならACアダプタもiBook/PowerBookと共通にすればよかったのにねぇ。

個人的には古くなったPowerMac 8600/250の置き換えに欲しいんだけど、Gigabit Etherが選択できないのが痛いところ。
Macで外付けの高速ネットワークの選択肢だと


  1. TCP/IP over FireWire

  2. 400MbpsのFireWireでIP流してファイル共有という手もあるけど、複数台の接続にはFireWireリピータ使わなきゃいけない、ってのは痛いなぁ。
    まぁ、無線LANは速度が遅いから100Mbpsあれば十分なので、Mac miniに二つIPを割り当てる、という手もある。
    けど、WindowsはTCP/IP over FireWireに対応してないから、LAN側につながなきゃいけないので速度でないしね。

  3. USB 2.0対応のGigabit Ether

  4. 今のところMac対応のヤツはないなぁ。

ちなみに、Mac miniはRADEON9200だから、
DirectX 9のピクセルシェーダーには対応してない = TigerのCore Imageのピクセルシェーダーを使った高速画像処理は一部使えない
ってところは要注意。
まぁ、変種のBSDボックスとして使うならそれほど困らないかもね。

AmazonではMac mini以外にもApple製品が
多数ランクインしてるなぁ。

個人的に買うなら、1.25GHzのモデル(amazon)でいいかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.09

SH901iC購入

SH901iCを購入。
実は去年のうちに買ってたんだけど、書くの忘れてた(笑)

いつものバンダイミュージアム入口の携帯屋で購入したんだけど、発売日の翌日にSH505iからの機種交換で、最後の若者割引とポイントを使い、¥28Kほど。
SH505iは開けたり閉じたりすると電源が落ちてたから、それがなくなっただけでもよしとするかな。

で、1ヶ月ほど使ってみたけど


  1. バッテリの減りが激しい

  2. まぁ、FOMAにしても省電力化は待機状態を増やすことで実現してるから、iアプリとかバッテリ食うのを長時間使うとダメみたいだね。
    カメラで連続撮影してたら電源切れたことあったし(笑)

  3. デカい重い厚い

  4. 重厚長大なワリに画面が小さいのが納得いかないなぁ。
    2.4インチのSH505iに慣れてたから、2.2インチは小さくてしょうがないかも。

  5. 添付品はゼロ

  6. 今回から、ACアダプタ、充電ホルダ、miniSDカードが付属しなくなったので、この辺は注意。
    ちなみに、ACアダプタは今回から全メーカー統一規格になったので、うちのは松下製ACアダプタが付いてた。
    USB充電ケーブルの購入は901対応待ちだなぁ。

  7. カメラは必要十分

  8. この前の大トロ縛りの写真はSH901iCで200万画素で撮ったのを縮小加工したものだけど、これだけ撮れれば十分だね。

PDCのSHは音声ボロボロだったけど、FOMAなら通話もそこそこ不満なく聞こえるので来年までは使えそうかな。
来年902が出て、800MHz帯対応とHSDPAに対応すれば買い替えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.01.05

「連射まんまミーヤ!」のトラブルシューティング

ということで、「連射まんまミーヤ!」をしばらく使ってみて、なんとなくわかったところ。


  1. 接続は電源を切って行うこと

  2. 電源を切らずに接続するとたちまち動作不良を起こすみたい。
    必ずPS2本体の電源を切った状態で接続しよう。

  3. 操作は動作LEDの点灯を確認してからゆっくり行うこと

  4. つい操作を焦りがちだけど、ゆっくり動作LEDの点灯を確認しながら行うとちゃんと記録されるみたい。

で、一度記録できたら多少不満でもそのまま動かすこと。
ドラクエ8なら、ベルガラックのカジノでうまくやれば24時間で600万枚のコインを稼ぐことができるから、一回やれば金欠とは確実におさらばだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こうの史代「夕凪の街 桜の国」



年末から探してたんだけど、ようやく見つかったので「夕凪の街 桜の国」(amazon)を買ってみた。

103ページと薄い(通常の単行本の半分)なので、平積みじゃないと意外と見つからないので注意かな。
サイズはA5判なので、美味しんぼとか普通の単行本より少し大きめ。

絵柄は少しクラシックな感じがするけど、これはこれでいいんじゃないかな。
で、この話は広島と原爆にまつわる3話が収録されてるんだけど、「はだしのゲン」(amazon)に描かれた世界の10年後、そしてその未来、ちょうど僕と同世代の少女の話。

原爆落下からもうすぐ60年が経過しようとしてるし、直接の被害を受けた人はすべて老人になってしまってる。
だけども、まだ放射能という力は身体に、そして人の心にも傷跡を残してることを忘れてはいけないんじゃないかな。
放射性物質は使い方次第、と言っても、人間が100パーセントコントロールできるものではないこと、そしてその被害は何十年、何百年にわたって影響するのだ、ということを考えるべきだと思う。

「はだしのゲン」のようなショッキングな描画があるわけじゃないし、普通の単行本と比べると、薄いし、ちょっと高いのがネックかもしれないけど、絶対に読む価値のある本だと思う。
この本はきっとすべての人に何かを残すのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« December 2004 | Main | February 2005 »