« カラーディスプレイ内蔵キートップなキーボード | Main | MTB乗り換え »

2005.07.18

JAZZ Take5強化

今日も今日とて注文してたものが届いたのでPCのJAZZ Take5に増設してました。

  1. Panasonic LF-M821JDに換装

  2. 今までLF-M521JDを使用していましたが、DVD-RAMとDVD-Rが2倍速書き込みだったこともあり、ストレスがたまってました。
    ストレス解消とHDの整理のため、DVD-R DL対応のLF-M821JD(amazon)に換装しました。
    M521JDと比較して気づいたのは、やはりコストダウンですね。
    フロントベゼルのノイズ防止用メタルがなくなったり、ドライブ全体のカバーが黒塗装から無塗装になったりと、かなりあちこちコストダウンしています。
    M521JDは2年使って焼きミスがゼロだったので、M821JDの焼き込み品質が気になるところですが、6枚ほど焼いた感じでは問題なさそうです。
    ちなみに、JAZZ Take5にはBAY LEAFを使っているのですが、カートリッジ式DVD-RAMドライブのフロントベゼルが干渉するため、フロントベゼルの可動フタを取り外す必要があります。
    M521JDのフロントベゼルを流用しようとしたんですが、アクセスランプの位置が変更されていたので、M521JDのフロントベゼルを元に戻し、M821JDの可動フタを取り外し、JAZZに取り付けました。


  3. 250GB SATAを2台増設


  4. 今までは60GB(ATA)+180GB(ATA)+160GB(SATA)だったんですが、180GB(ATA)+250GB(SATA)+250GB(SATA)+160GB(SATA)に変更しました。

    Intel D865PERLKにはSATAポートがふたつしか無いので、BUFFALO IFC-ATS2P2(amazon)を増設し、SATAポートを合計4ポートに増やしました。

    この増設カードからの起動もできますし、ATAポートも1ポート付いてますから、3,000円くらいなら買いだと思います。


  5. ドライブの配置換え


  6. 今までファン1-ファン2-DVDドライブ-General USBという構成だったんですが、ディスクが取り出しにくいので、
    DVDドライブ-General USB-ファン1-ファン2という構成に変更し、後部シャドウベイに搭載していたHDをすべて外しました。

    これでエアフローが改善されればいいのですが、微妙かもしれません(笑)


  7. NetGenesis SuperOPT-GFiveに切り替え

  8. 今までバッファローのBHR-4RVを使用していましたが、会社のVPNに繋がらないとか、色々不便だったのでNetGenesis SuperOPT-GFiveに切り替えました。

    とりあえずの使用感ですが、BHR-4RVは時々安定しない、またはデータ受信に遅延が発生することがありましたが、SuperOPT-GFiveではそんなことはないようです。

    ネックなのは、PPTPサーバがなくなったので、ローカルサーバ内にPPTPサーバを立てる必要があるんですが、これはまだ先になりそうです。

PCの方はこれでかなり強化されたので、ストレスはなくなりそうです(笑)

|

« カラーディスプレイ内蔵キートップなキーボード | Main | MTB乗り換え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/5013738

Listed below are links to weblogs that reference JAZZ Take5強化:

« カラーディスプレイ内蔵キートップなキーボード | Main | MTB乗り換え »