« KDL-L32HVX購入 | Main | 地デジ対応完了 »

2005.10.16

ロケーションフリーテレビ LF-PK1 + PC版クライアントレビュー

lfree_objectロケーションフリーテレビ LF-PK1(amazon)が到着したので、さっそく試してみました。
価格は「元」家電量販店店員の弟に以下省略(笑)
評価に使用したのはPentiumIII-M@1.13GHz/IEEE802.11b無線LAN搭載のIBM ThinkPad X24(2662-L3J)と、Panasonic DVD/HDレコーダ DMR-E330Hです。
  1. 画質
  2. この手のソフトだとスクリーンキャプチャが撮れないオーバーレイ表示が一般的ですが、LocationFree Player for PCはスクリーンキャプチャが撮れたので、ガンソード14話「スウィフト・ブラウニー」から画面キャプチャしてみました。

    オリジナルレート6(最高画質)レート1(最低画質)
    lfree_gunsword_14_org lfree_gunsword_14_l6 lfree_gunsword_14_l1
    (N/A)lfree_dvrmenu_l6lfree_dvrmenu_l1
    サムネイルだとわかりにくいのですが、最高画質ならほぼ問題なし、最低画質は人間の判別も厳しいという状況です。 今回は一時停止した静止画で行っていますが、最低画質の動画の場合はノイズで動画が破綻すると考えてよいでしょう。


  3. CPU負荷とネットワーク使用率
  4. タスクマネージャを使用してCPU負荷とネットワーク使用率を測定してみました。
    使用したCPUはPentiumIII-M@1.13GHz、ネットワークはIEEE802.11bでロケーションフリーベースステーション内蔵の無線LANに直結です。

    CPU負荷ネットワーク
    lfree_cpu lfree_802

    CPUでデコードと描画を行っているため、CPU使用率がほぼMAXまで上がっています。
    また、ネットワーク使用率もピークはIEEE802.11bの帯域の7割以上を使用するため、視聴時は有線LAN、またはロケーションフリーベースステーション内蔵の無線LANに直結した方が良いと思われます。
    ThinkPad X24をこのようなCPU負荷で1.13GHzで駆動した場合、冷却ファンがうるさくなるためCPUクロックを733MHzに落としてみましたが、再生は特に問題なし、ファンの音もだいぶ静かになりました。


  5. 再生遅延
  6. 下記の画面は「トップをねらえ! 2」のワンカットですが、テレビとPCで画面が異なるのがわかると思います。
    再生遅延はだいたい5秒から10秒程度ですから、ゲームプレイに利用するのは不可能と言えるでしょう。

    lfree_latency
    ロケーションフリーベースステーションはAVマウスを使用して、最大2台のAV機器を操作可能ですが、リモコン操作信号はすぐAV機器に伝わるのに対して、画面描画が5秒以上遅れるため、AVリモコンの操作は待たされる印象があり、焦らず1回押してしばらく待つ、くらいの感じが良いと思います。
    操作で痛いのは、DVDレコーダの30秒スキップがPC側から操作できないことですね。
    ロケーションフリーテレビではCMスキップはしない、などリモコン操作は最小限に抑えた方がいいと思います。


  7. スクイーズ収録データの再生
  8. 現状では16:9スクイーズ収録データの検出はできないようです。
    そのため、16:9スクイーズ収録の「トップをねらえ! 2」では縦長の画像になります。 DVDに関して言えば、PC上で再生した方が良いかもしれません。

    スクイーズ収録データ再生レターボックス再生
    lfree_top2_03_l6_squeezelfree_top2_03_l6_letter


    ただし、地上波デジタルやBSデジタルのように16:9コンテンツがメインとなるところでは、DVDレコーダにも16:9スクイーズ録画になるため、レターボックス再生に設定するなど工夫が必要です。


  9. セキュリティ
  10. WEPとWPAをサポートしていますが、現状ではESS-IDのステルス化ができないなど、通常の無線LANベースステーションに比べるとセキュリティ機能は落ちると思います。
    初回の機器認証はデフォルトではベースステーション側のスイッチ操作が必要なため、最悪、無線LANに接続されてもDVDレコーダの情報が消されるなどの問題はないと思います。
    しかし、無線LANに繋がると自動的にIPアドレスが割り振られ、家庭内LANへ侵入されますから、常時起動のサーバがある場合は有線LANに接続しない方が安全です。
    今後は「無線インタフェースの無効化」「ESS-IDのステルス化」「MACアドレス許可制」などの要素が必要だと思います。


とりあえずテレビと録画番組を寝室で見られるようになったのは結構ありがたいです。
再生遅延が大きいので、データ編集や消去などのリモコン操作はリビングにいるときにやった方がよさそうですね。
PSPをクライアントにした場合も確認してみたいんですが、PSPは動作クロックがスペックの2/3でリミッターがかかっていること、およびボタンの解決が完全でないこともあり、まだ買い、といえない状況ですね。

|

« KDL-L32HVX購入 | Main | 地デジ対応完了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/6419858

Listed below are links to weblogs that reference ロケーションフリーテレビ LF-PK1 + PC版クライアントレビュー:

« KDL-L32HVX購入 | Main | 地デジ対応完了 »