« 2005年12月の散財記録 | Main | PismoをリビングPC化(ver.1) »

2006.01.07

FireWireターゲットモードを使ってPowerBookを起動可能な外付けDVD-ROMドライブとして利用する

PowerBook(FireWire, Pismo)にTigerをインストールしようとして、DVD-ROMから起動したらカーネルパニックがおこるので、いろいろ調べてみたのですが、どうやら内蔵DVD-ROMドライブの不調で問題が発生するらしいことがわかりました。 PismoはFireWireからの起動をサポートしているので、外付けDVDドライブを買えばいいのですが、さすがにもったいないので、他の方法を考えてみました。

で、手持ちのPowerBook G4 15インチをFireWireターゲットモードにして他のMacにつないだときにDVDドライブに入れたディスクが見えたことを思い出し、試しにやってみたら、PowerBook G4をOSインストールが可能なFireWire外付けDVDドライブとして使えることがわかりました。

手順は以下の通りです。

  1. PismoとPowerBook G4の電源をオフにする。
  2. PismoとPowerBook G4をFireWireケーブルで接続する。
  3. PowerBook G4のTキーを押しながら電源を入れ、FireWireターゲットモードにする。
  4. PowerBook G4の画面にFireWireアイコンが表示されたら、TigerのDVD-ROMを入れる。
  5. optionキーを押しながらPismoの電源を入れ、起動ボリューム選択画面を表示する。
  6. TigerインストールCDを選択して続行する。
  7. Tigerのインストーラが起動するので、通常通りインストールする。
    内蔵HDをフォーマットする時は誤って、PowerBook G4の内蔵HDをフォーマットしないよう操作に注意すること。

ということで、お金をかけないで外付けDVDドライブを実現して、PismoにTigerを入れられました(笑)
リビングのKDL-L32HVXにつないで、AirMac Express(amazon)再生専用コンソールにしようかと思います。

なお、FireWire搭載機種のうち、初期のモデルであるPowerMac G3 (Blue & White)とPowerMac G4 (PCI Graphics)はFireWireからの起動をサポートしていません
そのため、これらの機種は内蔵DVDドライブが故障した場合は内蔵ドライブを修理する必要があります。
また、初期のPowerMac G4 (AGP Graphics)やPismoについてもファームウェアを最新のものにアップデートする必要があります。

|

« 2005年12月の散財記録 | Main | PismoをリビングPC化(ver.1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/8040034

Listed below are links to weblogs that reference FireWireターゲットモードを使ってPowerBookを起動可能な外付けDVD-ROMドライブとして利用する:

« 2005年12月の散財記録 | Main | PismoをリビングPC化(ver.1) »