« Amazon、国内盤DVDタイトル予約販売を25%オフに | Main | MUSASHI -GUN道- TVシリーズ版DVD-BOX »

2006.07.08

2006年7月のPC遍歴

270台以上のPCを蹂躙してきた電脳ぺんぎんさんはともかくとして(笑)、気がつけば2年に1台以上PCを買ってるので、今までの遍歴を(笑)

  1. Panasonic MSX2+ FS-A1WX (1988)
    初めて買ったPCです。
    買った時点でスペックは中途半端でしたから、ゲームとかは性能が低くてストレスがたまってました。
    ただ、BASICやったりベーマガのプログラムを打ち込んだりと、今の仕事につくための基礎を覚えたかもしれないです。

  2. Apple Macintosh Quadra 800 (1993)
    最初に買ったMacです。
    今は亡きMacromedia Swivel 3D Professionalで3Dモデリングしたり、ミュージ郎やMac郎+SC-55mkIIでMIDI再生したりと、PC/Macのリテラシを身につけたマシンです。
    引っ越すときに処分しましたが、6色リンゴのステッカーは取っておけばよかったと公開しています(笑)

  3. Apple Macintosh PowerBook 190cs (1996)
    バイトで家を出ていることが多くなり、NIFTY-SERVEの書き込みを外で読むために買いました...が、あちこちの破損や、あまりのトラブルの多さにブチ切れして返品。
    3ヶ月もしないうちにPowerBook 1400cに乗り換えました。

  4. Apple Macintosh PowerBook 1400c/117 (1996)
    なんだかんだで2000年までメインマシンになりました。
    98年の夏にはG3/250を積んでほぼストレスなく動くようになりましたし、ブックカバー量産とか暗躍していた時期ですね(笑)

  5. Apple Power Macintosh 8600/250 (1997)
    そろそろデスクトップを入れ替えたいなぁ、ということで、フルスペックのボーナスが出て衝動買いです(笑)
    Virtual PCが実用的に動いたので、Win95のエロゲープレイに使いまくりました。
    今はMac OS X Server 1.2(Rhapsody)を動かしてファイルサーバにしていますが、PowerPC 604e@250MHzでも結構なレスポンスが出ます。
    さすがに1000BASE-TでATA100クラスのPC/Macと比べるとファイル転送速度は遅いですけどね。
    PowerMac G4/867の購入と同時にデスクトップからファイルサーバへ役割を転換しましたが、10年間で交換したのは電源ユニットとハードディスクくらいで、ずいぶん安定しています。

  6. Apple Performa 6420 (1999)
    ファイルサーバの入れ替え、ということで、Quadra 800のかわりに購入しました。
    現行のMac miniと変わらないくらい、ということで当時激安だったモデルを買い、ファイルサーバとして使っていましたが、EtherTalkの転送速度は100BASE-Tを使っても泣けるほど遅かったです。
    ファイルサーバを8600/250に交換したときに知人に譲りました。

  7. SONY VAIOミニタワーもどき自作PC (1999)
    知人からケースを譲ってもらい、スロットインDVD-ROM, Pentium III@500EMHz, ASUS P3B-F, Matrox Millennium G400DH を組み込んで作りました。
    当初は電源が安定しなかったのですが、電源交換してからは抜群の安定度でした。
    こいつは2003年に新しいPCを作ったときに知人に引き取ってもらいました。

  8. Apple PowerBook/400 (FireWire)(pdf) (2000)
    いわゆるPismoと呼ばれる第1世代Unified Macintosh Architectureのプロ向けノートです。
    Mac OS 9.0.2〜Mac OS X 10.4まで動作しましたが、Mac OS X 10.3になるまではMac OS Xが実用的な速度で動かなかったため、Mac OS 9で使用していました。
    到着して数日で海外から英語版キーボードを取り寄せて、有明のFedexまで引き取りにいったのも懐かしい思い出です(笑)
    現在は液晶テレビに接続してAirMac Express(amazon)用ミュージックサーバになっています(笑)

  9. Apple PowerMac G4/867 (2001)
    いわゆる初代QuickSilverです。
    買った当初からかなりピーキーでMac OS Xならカーネルパニック頻発しますし、DVD-Rの焼きミスも多かったんですが、標準の128MB DIMMを抜いてHDの増設をSATA経由のみにしたらずいぶん安定しました。
    現在はiTunesエンコード用兼Appleロスレスフォーマットのデータ置き場になっています(笑)
    ちなみに、ファンがうるさいので極力電源は入れていません。

  10. IBM ThinkPad X24 (2002)
    英語版キーボードもその日に買って早速入れ替えた、というなかなか蹂躙されてるPCです(笑)
    2003年から異常発熱でだましだまし使ってたところを2005年にようやく修理に出して回復させたりと、結構無茶をさせてます。
    ThinkPadはやっぱり延長保証付けておいた方がいいですね(笑)
    WPAな無線LANに対応するには無線LANカードを入れ替えてモデムをあきらめるか、外付けのジャマな無線LANカードを使うしかないのですが、Core 2 Duo + G865なThinkPad Xシリーズが出たら入れ替えようかと思っています。

  11. SOLDAM MT-PRO1500 自作PC (2003)
    デスマで頭おかしくなって散在しました(笑) Pentium 4@2.6CGHz, Intel D865PERLK, Panasonic LF-D521JD, ATI RADEON9500Pro, MT-PRO1500とかなりガチなPCだったんですが、温度が低いと電源が落ちるのに表記は熱暴走という訳の分からない挙動をしてくれました(笑)
    今も現役で使っていますが、ケースはJAZZ Take 5に入れ替えて使っています。
    今度入れ替えるとしたらXeon 5100にしたいところですが、噂のMac Proがどのくらいの拡張性を持ってるかで決めたいですね。

  12. Apple PowerBook G4/15"/1.5GHz (2004)
    ソフマップで5年保証付けて英語キーボードとVRAMを128MBに増設してBTO発注したものです。
    画面は1280x870とそれほど広くないのですが、PowerBook G4の中では2番目にクロックが高いですし、普通に使う分にはそれほどストレスはないです。
    ただ、アルミの筐体で夏場は放熱が厳しいのと、一度ロジックボードが焼けているのでファンが回るとわし自身が精神的に安定しなくなるのが難点ですが(笑) こちらのリプレースもCore 2 Duo + LeopardなMacBook Proが出るまで待とうか、というところですね。
    現行のMacBook Proはちょっとピーキーなところがあるので、もう少し安定するまで待ちだと思います。

といったところで、こんどはファイルサーバを入れ替えたいのですが、さあ、どうしましょうか(笑)
近いうちに散財報告するかもしれませんが(笑)

|

« Amazon、国内盤DVDタイトル予約販売を25%オフに | Main | MUSASHI -GUN道- TVシリーズ版DVD-BOX »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/10839702

Listed below are links to weblogs that reference 2006年7月のPC遍歴:

« Amazon、国内盤DVDタイトル予約販売を25%オフに | Main | MUSASHI -GUN道- TVシリーズ版DVD-BOX »