« ぷにぷにしないリストレスト KOKUYO EAS-WR6DM/EAS-WR6M | Main | 玄箱でインフラサーバ構築(VineLinux版) »

2006.07.16

mLink R Bluetoothレシーバ

Mlinkrrectrans 柏のビックカメラでたまたま売ってたので、衝動買いでmLink R(amazon , )とiPod Bluetooth Transmitter(amazon , )を買って、さっそく、PowerBook G4とiPod with videoに接続して使ってみました。

Mlinkrpkgopen 梱包はiPodやAirMac ExpressなどのApple製品を髣髴とさせる構成で、いかにもApple製品と一緒に使ってください、という感じですね。

Mac OS XはBluetoothを標準サポートしており、Mac本体もBluetooth内蔵のモデルが大半になっています。
Skypeのヘッドセットとして使えるかな、と思って試してみたんですが、一発でペアリングできちゃんとワイヤレスヘッドセットとして使えています。
ただ、Mac OS X 10.4はBluetoothオーディオプロファイルであるA2DPはサポートしていないため、iTunesの音楽をmLink Rに飛ばすと、電話並みの音でしか再生できません。
よって、ヘッドフォン端子に接続するタイプのBluetoothトランスミッタを使うか、音楽はiPodから、と割りきりが必要ですね。

ということで、気になるところをまとめます。

  1. 音質
    音質はおおむね良好ですが、自宅の周辺は2.4GHz帯の無線LANを使っている人が多いようで、時々テンポが遅れるようなひずみ方をしたり、再生が途切れることがあります。
    こればっかりは同じ2.4GHz帯のBluetoothを使っている以上仕方ないのですが、ある意味場所を選ぶのはちょっとつらいですね。
    ひずみの方は無線LANとの干渉が原因なのかつかみづらいのですが、特定のフレーズで再現するっぽいところを見ると、mLink Rの内蔵アンプの問題か、A2DPプロファイルの仕様上の問題の可能性もあります。

  2. mLink R充電中は使用不可
    mLink Rの充電は付属のUSBケーブルを使用して充電、iPod Bluetooth TransmitterはiPod本体から電源供給します。
    なお、mLink R充電中はBluetooth機器として使用不可のため、電池切れは注意が必要ですね。
    iPod Bluetooth TransmitterもDockコネクタを使って接続しますから、使用中はiPodの充電ができません。
    ケースの厚みにもよりますが、コネクタがぎりぎりなので5cm程度のDockコネクタ延長ケーブルがあればケースに入れたまま接続しても破損の心配がなくなると思います。

  3. リモコン操作
    AVRCPをサポートしているため、音量の上下、再生・一時停止、1曲単位の早送り・巻き戻しが可能です。
    操作は真ん中の再生ボタンを上下左右に押すか、真ん中に押し込む、というスティックライクな操作になっています。
    ボタンが小さいためちょっとコツがいりますが、操作の方向はApple Radio Remote(amazon)と同じですから悩まないと思います。
    ちなみに、mLink Rの音量ボリュームはiPod本体の音量ボリュームとは同期していないため、mLink Rのヘッドフォン端子を使わず、ワイヤレスリモコンの機能のみとして使う場合は音量調整ができません。


  4. 音楽再生中の着信
    音楽再生中に着信があった場合、音楽が一時的に停止してヘッドセットとして使えます。
    通話が終われば音楽再生が継続できますから、通常の使用方法で困ることはないでしょう。

個人的には課題点もありますが、モノとしては悪くないと思います。
ただ、手持ちのヘッドフォンのケーブルが長いので、mLink Rのコンパクトさを活かせず、今のところは有線接続にしています(笑)
audio-technica ATH-CK7(amazon)クラスのショートケーブルバージョンが出れば、mLink R用にほしいですね。

|

« ぷにぷにしないリストレスト KOKUYO EAS-WR6DM/EAS-WR6M | Main | 玄箱でインフラサーバ構築(VineLinux版) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/10961034

Listed below are links to weblogs that reference mLink R Bluetoothレシーバ:

« ぷにぷにしないリストレスト KOKUYO EAS-WR6DM/EAS-WR6M | Main | 玄箱でインフラサーバ構築(VineLinux版) »