« NIKKEI NET「食べ物新日本奇行」 | Main | Intel製品のライフサイクル »

2006.08.13

AMD主催のAthlon64 X2 vs Intel Core 2 Duoベンチマーク

AMD主催で「AMD Athlon64 X2 vs Intel Core 2 Duo」のベンチマークを実施していましたが、Intel主催のベンチマークと異なり、こちらのベンチマークでは、Athlon64 X2が若干優位という結果でした。

ポイントとしては、

  • 同価格帯で購入できるCPU、特に出荷数の多い¥25,000のゾーンで選定
  • 動作クロックは2.2GHz vs 1.86GHzでAthlon64 X2がCore 2 Duoの2割増
というところで、費用対効果を前提としたベンチマークになっています。
ですから、ほぼ同クロックのCore 2 Duo E6400(2.16GHz)あたりでベンチマークをすると、結果はほぼ同一かCore 2 Duoの方が若干性能が高いことになります。
Core 2 Duo E6400は¥30,000弱で価格が¥5,000程度しか変わらないため、この辺は少しトリッキーなやり方でベンチマークをしていることになりますね。

で、Core 2 Duoが優位だったSuperPIの結果ですが、SuperPIはx87浮動小数点演算性能が高い方が有利ですから、HDBENCHの結果を見る限り、Athlon64 X2の方が有利になるはずです。
この点が少し不自然に思えるのですが、SuperPIのランキングをもとにクロック性能比を見ても、両者ともSSEが使われている形跡はなさそうですから、SSE関連の性能優位差がでているわけでもなさそうです。

とすると、SuperPIの結果にはL2キャッシュの大きさ(プログラムがL2キャッシュに収まる)や処理効率の高さ、といったところが結果に現れている、と考えて良さそうです。
結果からすると、Athlon64 vs Pentium 4のころと比べると、Athlon64 X2 vs Intel Core 2 Duoはおおむねどのジャンルでも同一クロックならほぼ同一性能、という感じになりそうです。
結果からすると、どちらでも性能に大差はないので買いやすさやマザーボードの機能といったところで比べるのが良さそうですね。

Mimido_gunkaniwa_060809 今日の昼飯兼夕飯:丸亀 サバ味噌煮定食 ¥800
今回もエビデンスはすでにあるので、写真は御三戸嶽の通称「軍艦岩」です。
河原で水遊びやキャンプができるようになっていて、水も結構きれいなので泳ぐこともできます。
ただ、川の上流ですから水の流れが速いところは気をつけないと流されますね。

|

« NIKKEI NET「食べ物新日本奇行」 | Main | Intel製品のライフサイクル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/11408703

Listed below are links to weblogs that reference AMD主催のAthlon64 X2 vs Intel Core 2 Duoベンチマーク:

« NIKKEI NET「食べ物新日本奇行」 | Main | Intel製品のライフサイクル »