« Woodcrest Mac Pro/Xserve発表 | Main | Mac OS X 10.5 Leopardプレビュー »

2006.08.08

Intel/PowerPC両対応 Mac OS X Server 10.4.7発表

今までMac OS X Server 1.2を使っていましたが、ファイルサーバをMac miniに乗り換えた際、DHCPやDNSなどのインフラを玄箱に移行したため、ほとんどの機能が不要になりました。
ただ、アプリケーションサーバや、自宅内LANの共通基盤としてMac OS X Serverは欲しいな、と思っていたのですが、Mac Proの発表と同時にIntel/PowerPCの両方に対応したMac OS X Server 10.4.7が受注開始となりました。

今まではIntel MacでMac OS X Serverを動かすことはできませんでしたが、このパッケージを使うことで、Mac miniなど安価なMacでサーバOSとして運用可能です。
個人的には、Mac OS X Serverの機能でメインで使うのはファイルサーバ機能なのですが、Sambaが3.0系のため、NTドメインコントローラの機能しかないのが気になっています。
Samba 4.0系の開発がMac OS X Server 10.5 Leopard Serverのリリースに間に合えば、Leopard Serverを選択したいところですね。

Leopard Serverの機能強化はコラボレーション機能の標準搭載がメインのようです。
インスタントメッセージング、スケジュールサーバ、wikiといった機能が標準搭載されていて、無制限クライアントで¥100,000という価格はかなり安いと思います。
あと、気になるところとしてはクライアント版Leopardに搭載されたTime Machineとドキュメント管理を連動させた機能が搭載されるかどうか、というところは期待したいです。
もしかすると、Wiki Serverで代用できるかもしれませんが、OSと連動した形で管理できると楽でいいですね。

|

« Woodcrest Mac Pro/Xserve発表 | Main | Mac OS X 10.5 Leopardプレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/11332649

Listed below are links to weblogs that reference Intel/PowerPC両対応 Mac OS X Server 10.4.7発表:

« Woodcrest Mac Pro/Xserve発表 | Main | Mac OS X 10.5 Leopardプレビュー »