« Intel Macで起動可能なボリュームを作るときの注意点 | Main | W-OAM対応のW-SIM「RX420AL」発表 »

2006.10.18

Mac OS X + Flip4Macでネットラジオを保存(2006/10/17)

以前、「Flip4Macでネットラジオを手元に保存する」という記事を書きましたが、音泉以外にも使える手法を見つけましたので記事を更新しました。

必要なもの

基本手順は以下のとおりです。

  1. ネットラジオのサイトでasxファイルをダウンロードする
    (リンクをoptionキーを押しながらクリックすれば保存できます)
    → *.asx.asfのファイルが保存される。

  2. *.asx.asfファイルをQuickTime Playerで開く
  3. ストリーミングを再生する
  4. 終わりまで再生したら「ファイル → 別名で保存...」を選択
  5. 「独立再生形式のムービーとして保存」を選択

上記方法で「別名で保存...」が表示されない場合は、以下の手順を続けて行ってください。

  1. 「編集 → すべてを選択」を選択
  2. 「編集 → コピー」を選択
  3. 「ファイル → 新規Player」を選択
  4. 新しく開いたPlayerウィンドウを選択し「編集 → ペースト」を選択
  5. 終わりまで再生したら「ファイル → 別名で保存...」を選択
  6. 「独立再生形式のムービーとして保存」を選択

上記の手順で、QuickTimeコンテナにWMA形式のオーディオを埋め込んだ形のデータができます。
このファイルをiTunes 7にドラッグ&ドロップして登録するとAAC, mp3などの形式に変換できます。
なお、Flip4Macでは、Windows Media DRM周りが実装されていないため、DRM付きのデータはこの方法では再生できません。

これを自動化できればPodcasting化もできそうです。
ネックはMac OS Xじゃないとできない、というところですが、Windowsならこの手のツールはそろっているでしょうから、あまり困らないかもしれません。

今日の夕飯:かのう さんま開き定食 + 半ライス \650

|

« Intel Macで起動可能なボリュームを作るときの注意点 | Main | W-OAM対応のW-SIM「RX420AL」発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/12322226

Listed below are links to weblogs that reference Mac OS X + Flip4Macでネットラジオを保存(2006/10/17):

« Intel Macで起動可能なボリュームを作るときの注意点 | Main | W-OAM対応のW-SIM「RX420AL」発表 »