« 雑記(2006/10/28) | Main | 買い物いろいろ(2006/10/30) »

2006.10.29

Windows Vistaアップグレード権付きXP DSP版発売

AKIBA PC Hotline!によると、Windows Vistaアップグレード権付きのWindows XP DSP版が発売になったようです。

DSP版は自作PC向けのバンドル用OSとして、FDやHD、CPUといったPCパーツとセットで販売しているものですが、そのパーツが搭載されたPCを使う限りパッケージ版のWindows XPより安価なのが特徴です。

ただ、アップグレード権といってもアップグレード費用やメディア代、事務手数料といった費用がかかるのがポイントです。
今わかっている範囲だと、

XPのEditionVistaのEditionアップグレード費
Home EditionHome Basic$49+事務手数料
Home EditionHome Premium$79+事務手数料
Media Center EditionHome Premium$0+事務手数料
ProfessionalBusiness$0+事務手数料
Tablet PC EditionBusiness$0+事務手数料
Professional x64 EditionBusiness x64$0+事務手数料

といった形で、ビジネス向けとMedia Center Editionは事務手数料のみで済むのですが、Home Editionは最低でも6,000円近い費用がかかるため、実質優待販売と言ってよいでしょう。
PCメーカー(東芝松下NECソニー日立Dellエプソン)の発表を見る限り、おおむね10,000円弱くらいかかるようですから、事務手数料は2,000円〜3,000円程度になると思われます。

アメリカと日本を比較すると、日本ではAV機能付きPCにHome Edition+独自UIが多いため、Vistaへのアップグレードで高額になる、ということが以前から言われていましたが、この条件だとXPのまま使い倒す人が増えるかもしれません。
そうなると、Home Editionのサポートが切れる2009年ごろにいろいろ騒動が起きそうですが、XP Home Editionのサポートを延長するのかどうか、というところは気になるところです。

とりあえず、将来買うIntel Mac用にVista権付きWindows XP Professionalでも買っておこうかと思います(笑)

Ibukuro_michiru_061028 今日の夕飯:みちる屋 黒チャーシューメン + 味玉 + ギョウザ ¥1,250

|

« 雑記(2006/10/28) | Main | 買い物いろいろ(2006/10/30) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Windows Vistaアップグレード権付きXP DSP版発売:

« 雑記(2006/10/28) | Main | 買い物いろいろ(2006/10/30) »