« 普段チェックしているネットラジオ(2006/11) | Main | よく勘違いするClassic Mac OSのリソースフォークとMacBinary »

2006.11.09

Core 2 Duo搭載MacBookとIntel GMA X3000

Appleから新しいMacBookが発表になりました。
Core 2 Duoに移行するとMacBook Proとの差別化が難しいかなと思いましたが、Core 2 Duoの低クロックモデルはL2が2MBのモデルがあるので、MacBookのローエンドはL2:2MB、ハイエンドはL2:4MBとし、統合グラフィクスなどの面でパフォーマンス差を付けています。

個人的な本命はIntel GMA X3000相当のコアを搭載した965GM/965PMなので、今回も見送りですが、デスクトップ用の965チップセットには個人向けのG965と企業向けのQ965/Q963があり、統合グラフィクスユニットがGMA X3000とGMA 3000となっていて、違いがどの辺にあるかな、ということで調べてみました。

GMA 3000シリーズの資料(PDF)の最後のページにGMA X3000と3000の比較表があり、ここを見てみると、

  • 32bit浮動小数点演算モデル(GMA3000は固定小数点演算)
  • Shaderモデルが3.0対応(GMA3000は2.0)
  • MPEG2デコードでiDCT実行可能
  • VC-1(WMV9相当)ハードウェアデコード可能(GMA3000はソフトウェア)
  • HDMI出力可能
  • VRAMが384MBまで動的確保可能(GMA 3000は256MB)
といった違いがあり、GMA X3000はエンターテイメント向けの要素が増えていることがわかります。
ThinkPad X60シリーズのSanta Rosaプラットフォーム版も待っているのですが、965GMが載るのか、それともQ963のモバイル版を載せてくるのかという観点で見ると、Lenovo的にはQ963のモバイル版で良さそうです。
ですから、製品ライン上でQ963のモバイル版が存在する場合は965GMを載せることは無くなりそうですね。
この辺はもうちょっと調べてみる必要がありそうです。

ちなみに、Intelには、従来式の統合グラフィクスとパフォーマンス面や内部構造の違いを理解しやすいGMA3000シリーズのデモがあるのですが、これ見てると落ちモノパズルのように見えてきます(笑)

今日の夕飯:だぶれっと チキン唐揚げ + 半ライス ¥900

|

« 普段チェックしているネットラジオ(2006/11) | Main | よく勘違いするClassic Mac OSのリソースフォークとMacBinary »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/12614120

Listed below are links to weblogs that reference Core 2 Duo搭載MacBookとIntel GMA X3000:

« 普段チェックしているネットラジオ(2006/11) | Main | よく勘違いするClassic Mac OSのリソースフォークとMacBinary »