« 1行版雑感:うたわれるものらじお 第19回 | Main | Intel クアッドコアのXeonを発表 »

2006.11.15

中国がWikipediaの規制を解除

スラッシュドットによると、中国がWikipediaの規制を解除したようです。

これが自由解放への足がかりか、というと、個人的にはナショナリズムの道具としてWikipediaを利用しようとしているのではないかと思います。
例えば、尖閣諸島や竹島の領土問題では、英語版wikipediaも日本と韓国、中国の権利の争いの場となっています。
英語版wikipediaでは、英語での通称"Liancourt Rocks"も"竹島"も韓国語名称のアルファベット読みである"Dokdo"にリダイレクトされるようになっています。

このタイミングで規制を解除したのは単なる自由解放ではなく、中国政府はWikipediaを中国のナショナリズムと主張の場とみなし、アクセスを解放したのではないか、と考えてもおかしくないように見えます。
そのため、中国語版Wikipediaだけでなく、他の言語のWikipediaの記事を中国よりの記事に書き換え、自国の主張を「事実の記事」として世界に認識させて世界的な合意を形成しようとしているのかもしれません。

本来であれば、Wikipediaは事実の場であり、主張の場ではないのですが、これは中華思想的な知恵かもしれないですね。
今後、Wikipediaの記事がどうなっていくか、中国語だけでなく他の言語の記事も注目が必要そうです。

今日の夕飯:みちる屋 黒チャーシューメン + 味玉 + ギョウザ ¥1,250

|

« 1行版雑感:うたわれるものらじお 第19回 | Main | Intel クアッドコアのXeonを発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/12691878

Listed below are links to weblogs that reference 中国がWikipediaの規制を解除:

« 1行版雑感:うたわれるものらじお 第19回 | Main | Intel クアッドコアのXeonを発表 »