« YOKOさん「マンガ版痴漢男」完結 | Main | MacExpo/SF 2007の注目プロダクト(予想) »

2007.01.04

Mac OS XのMail.appに日本語版Eudoraのメールを文字化けなしに移行する

Qualcommから従来式のEudoraの開発が終了し、Thunderbirdベースに移行することが発表されました。
これに伴い、わしも新しいメールソフトへの移行を検討していましたが、Mail.appにしてもThunderbirdにしても、日本語版Eudoraのメールボックスを移行するとあちこち文字化けしてうまくいきませんでした。

色々調べてみると、Mail.appやThunderbirdは、7bit-ASCIIのメールボックスファイルを前提としているようで、日本語版EudoraのShift-JISメールボックスファイルはNGのようです。
おそらく、Mail.appやThunderbirdは英語版Eudoraを前提とした移行ツールになっていて、日本語版Eudoraの仕様を認識していないのが原因だと思います。
ということで、EudoraメールボックスをISO2022-JP形式のmboxに変換するソフトを探していたのですが、以下の二つがあるようです。

  • eudoraj2mbox ... フリーのEudora-J、または32KBテキスト制限のある初期のEudora Pro向け、nkfが必要
  • Eudora2Mbox ... Mac OS X用アプリケーション(PPC)

今回はnkf不要のEudora2Mboxを使ってみましたが、700MB/8万通のメールボックスを10時間ほどで変換できました。
もちろんMail.appでのインポートも問題なしです。
Mail.appで受信したメールと唯一違いがあるとすると、SubjectやFromなどのヘッダが本来はMIMEエンコードされている必要があるのですが、Eudora2MboxではISO2022-JPのストレート文字列になっています。
ただ、タイトルは文字化けしていませんし、Spotlightでの検索も問題ないようです。

Mail.appインポート後の既読処理やspam認定解除は少し時間がかかりましたが、処理が終わってしまえばそこそこ快適に使えています。
添付ファイルは移行していませんが、仕事と違って添付ファイルは不要なので気にしてません(笑)。
メインはGmailですが、何かあったときに困りますから、やはりローカルにメールを残しておく必要はありそうです。

今後EudoraはThunderbirdベースになりますが、とりあえずはMail.appで運用してみます(笑)

Roushan_tantan_20070103 今日の夕飯:楽山 担担面 特製担々麺 ¥1,000

|

« YOKOさん「マンガ版痴漢男」完結 | Main | MacExpo/SF 2007の注目プロダクト(予想) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/13326882

Listed below are links to weblogs that reference Mac OS XのMail.appに日本語版Eudoraのメールを文字化けなしに移行する:

« YOKOさん「マンガ版痴漢男」完結 | Main | MacExpo/SF 2007の注目プロダクト(予想) »