« iPod用液晶リモコンと今日の夕飯(2007/01/09) | Main | MacEXPO/SF 2007で発表されなかった製品 »

2007.01.10

MacEXPO/SF 2007基調講演はちょっと肩すかし

ということで今回の目玉は

といったところで、Apple TVは2月、iPhoneは6月とtoday戦略の製品はなかったようです。

基調講演ではアナウンスがなかったですが、Apple TVの802.11nサポートに伴い、802.11a/b/g/nドラフト対応のAirMac Extremeベースステーションが発表されています。
残念ながらACアダプタ式ですが、802.11aにも対応しているということで、今使っているベースステーションのリプレースを行いたいところです。
#古いベースステーションは実家行きです(笑)

なお、Intel Core 2 Duo搭載のMacおよび、AirMacカード搭載のMac Proは新型ベースステーション付属の802.11n Enablerをインストールすると802.11nドラフト対応になるようです。
残念ながら、Core DuoモデルのMacと、1.83GHzのCore 2 Duo 17インチiMacは802.11nに対応していませんが、それでも直近のモデルを対応してくれたのは良しとしましょう。

ということで、3月のSanta RosaプラットフォームのMacでは802.11nドラフト対応をうたうでしょうから、11n化が期待できそうです(笑)

iPhoneはiPod nano + OS Xといったおもむきですが、$599(8GB)、$499(4GB)で2年契約の縛りがありますから、いわゆる白ROM相当のブツの流通は少ないかもしれません。
また、EDGE(高速GSM)とGSMのみの対応ですから、日本国内ではW-CDMAに対応したモデルが出ないと厳しそうです。

アジアが2008年出荷、というのは、iPhoneのW-CDMA仕様を仕上げる&日本との交渉のための時間稼ぎかもしれません。
Cingularは3GインフラがW-CDMAなので、今はGSMでも将来的にはW-CDMA仕様のiPhoneを必要としている、と考えて良さそうですしね。
となると、W-CDMA方式を採用しているドコモとソフトバンクへの端末参入が期待できそうですが、Napsterと提携しているドコモがiPodに手を出すかどうかは微妙かもしれません。

ちなみにiPhoneの寸法・重量は61mm(W) x 115mm(H) x 11.6mm(D)、135gと、ほぼハードディスク搭載iPod並みのスペックになっています。

今回の基調講演は残念ながら肩すかしだった印象はありますが、Intelの目玉となるSanta Rosaはもう少し先ですし、ある意味端境期で周辺機器で盛り上げざるを得なかった、というのがあるかもしれません。
また、Appleは今後コンピュータ企業からコンシューマエレクトロニクス企業としての道を歩む、という転換点になったかもしれませんが、その第一歩としては話題性が足りなかったかもしれないですね。

ただ、ここでMacを出していたらやっぱりApple Computer、っていう印象を残したかもしれないので、iPhoneとApple TVのみの発表はある意味正解だったかもしれません。
...ということで、今回の予想はかなりスカでした(笑)

|

« iPod用液晶リモコンと今日の夕飯(2007/01/09) | Main | MacEXPO/SF 2007で発表されなかった製品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/13415071

Listed below are links to weblogs that reference MacEXPO/SF 2007基調講演はちょっと肩すかし:

« iPod用液晶リモコンと今日の夕飯(2007/01/09) | Main | MacEXPO/SF 2007で発表されなかった製品 »