« Mac OS XのMail.appに日本語版Eudoraのメールを文字化けなしに移行する | Main | HD内蔵iPodのフラッシュメモリ化に使える? SanDisk、容量32GBの1.8インチシリコンディスク »

2007.01.05

MacExpo/SF 2007の注目プロダクト(予想)

来週1/9(日本時間1/10 2:00)からMacworld Conference & Expo/San Francisco 2007が開催されますが、発表されるかもしれないプロダクトをMACお宝鑑定団からまとめてみました

  1. iLife '07とiWork '07
  2. iTunes用STB iTV(仮称)の正式版
  3. Quad-core Xeon搭載(=Octa-core System)のMac Pro
  4. ワイヤレス対応の第6世代iPod
  5. Leopardの再プレビュー

iLifeとiWorkはガチとして、iTVは出荷が遅れる(=today!戦略じゃない)という話もあるようです。

Quad-core Xeon(Xeon5300)シリーズはIntelが発表済みですから、価格さえ妥当なら出てきそうな感じです。
ただ、今のQuad-coreの価格を考えると、3GHz-Xeon E5160と同等価格で出せるのは2.33GHzのXeon E5345になりますから、1スレッドあたり性能は2割弱落ちることになります。
性能をいくらコア数でカバーできるといっても、デスクトップアプリケーションのマルチスレッド化はできるもの・できないものがありますし、なんと言ってもプログラムに手を入れるコストはバカにならないので、マルチスレッド化を支援する開発ツールが出てこないと厳しいかもしれないですね。
そういった意味では、ワークステーションとしてのOcta-core Macはまだ時期尚早かもしれません。

第6世代iPodはBluetoothワイヤレスとワイド画面装備らしいとの話が出ていますが、あのサイズにワイド画面を載せるとなると、タッチスクリーン液晶画面を使う可能性も高そうです。

とりあえず、1/10の深夜1/9の深夜(26:00〜)はテキストライブ中継見ながら夜更かしすることにします(笑)

Doublet_20070104 今日の夕飯:だぶれっと チキン生姜焼き+半ライス ¥900

|

« Mac OS XのMail.appに日本語版Eudoraのメールを文字化けなしに移行する | Main | HD内蔵iPodのフラッシュメモリ化に使える? SanDisk、容量32GBの1.8インチシリコンディスク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/13336722

Listed below are links to weblogs that reference MacExpo/SF 2007の注目プロダクト(予想):

« Mac OS XのMail.appに日本語版Eudoraのメールを文字化けなしに移行する | Main | HD内蔵iPodのフラッシュメモリ化に使える? SanDisk、容量32GBの1.8インチシリコンディスク »