« 2006年5月〜12月の散財結果 | Main | SHURE、新型イヤフォンSEシリーズを公開 »

2007.01.08

NetInfo ManagerでMac OS Xホームディレクトリを移動する

Mac miniをファイルサーバ化してホームディレクトリを外付けHDに移動させて使っているのですが、Shinpeiさんから詳細を教えてほしい、とコメントをいただきました。
ということで、今回はNetInfo Managerを使った方法を説明します。
他にも色々あるようですが、Mac OS XならばNetInfo Managerを使うのがスジかと思います。

なお、ここで使用する[ユーザ名]はシステム環境設定.appの「アカウント」パネルに表示されている英数字で構成された「ユーザ名」です。
日本語のユーザ名は使いませんのでご注意ください。

  1. 移動対象と別の管理者ユーザでログインする

    移動対象のユーザと別の管理者ユーザでMac OS Xにログインします。

  2. NetInfo マネージャ.appを起動する

    Macosx_home_mv_01 「/アプリケーション/ユーティリティ/NetInfo マネージャ.app」
    (/Applications/Utilities/NetInfo Manager.app)を起動します。

  3. ユーザを選択する

    Macosx_home_mv_02 NetInfo Managerの画面で「/users/[ユーザ名]」をクリックして選択します。

  4. 管理者権限認証を行う

    Macosx_home_mv_03 ユーザを選択したら画面左下の鍵アイコンをクリックして管理者権限認証を行います。

  5. homeプロパティを編集モードにする

    Macosx_home_mv_04 「home」プロパティの「値」列をダブルクリックして編集モードにします。

  6. homeプロパティの値を移動先に変更する

    Macosx_home_mv_05 「home」プロパティの値を編集します。
    外付けHD「User HD」の「Users/sysadmin」に移動したい場合は
    「/Volumes/User HD/Users/sysadmin」と入力します。

    Mac OS Xでは「/Volumes」ディレクトリにすべてのディスクがマウントされていますので、「/Volumes/[ハードディスク名]」と指定すれば、そのハードディスクの中身を指定することができます。
    ただし、アプリケーションによっては日本語のハードディスク名を使うとうまく動作しないことがあるので、ハードディスク名はアルファベット&数字で名前付けするとよいでしょう。

  7. 編集結果を保存する

    Macosx_home_mv_06 「ドメイン → 変更内容を保存」を選択し、NetInfoの情報を反映します。

  8. ホームディレクトリの内容をコピーする

    Macosx_home_mv_07 「/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル.app」
    (/Applications/Utilities/Terminal.app)を起動し、以下のコマンドでホームディレクトリの内容を移動先にコピーします。

    Mac OS X 10.3 : sudo ditto -v -rsrcFork /Users/[移動対象ユーザ名] /Volumes/[ハードディスク名]/[移動先フォルダパス]
    Mac OS X 10.4 : sudo ditto -v /Users/[移動対象ユーザ名] /Volumes/[ハードディスク名]/[移動先フォルダパス]

    上記コマンドを入力してenterキーを押すと、管理者パスワード認証を行った後にコピーを開始します。
    なお、フォルダ名に半角スペースが含まれる場合は、画面のように半角スペースの前にバックスラッシュ(\または¥キー)を入力し、その後にスペースを入れればOKです。

  9. 移動対象ユーザでログインし動作を確認する

    移動対象のユーザでログインして、ホームディレクトリが移動していることを確認します。
    移動先のフォルダをFinderから探し、「家」のアイコンが付いていること、および、「ユーザ」(/Users)の下の元のホームディレクトリが普通のフォルダアイコンになっていれば、ホームディレクトリの移動が完了しています。

  10. 移動対象ユーザでログインし動作を確認する

    移動対象のユーザでログインして、ホームディレクトリが移動していることを確認します。
    移動先のフォルダをFinderから探し、「家」のアイコンが付いていること、および、「ユーザ」(/Users)の下の元のホームディレクトリが普通のフォルダアイコンになっていれば、ホームディレクトリの移動が完了しています。
    動作が問題なければ、前のホームディレクトリをバックアップする、または名前を変更して残しておくとよいでしょう。

といった形でホームディレクトリを移動できます。
なお、外付けHDにホームディレクトリを移動させてファイルサーバとして使う場合は、システム環境設定→省エネルギーでハードディスクのスリープを無効化しておけばよいでしょう。
これをしておかないと、外付けHDがスリープ解除できなくなって共有フォルダをマウントできないことがあります。

参考資料:Hiro's Personal Pages さん「Mac OS Xのユーザーのホームディレクトリ移動
もともとNetInfo Managerを使うのはMac OS X Server 1.x(Rhapsody)からやってたので慣れているのですが、dittoコマンドによるフォルダコピーを参考にしました。
いつもは初期ホームディレクトリをtarで固めて別フォルダに展開した後、移行ファイルの上書きコピーをしてたんですが、この方法なら楽そうです。

Doublet_20070107 今日の夕飯:だぶれっと ミックスグリル ガーリック + 半ライス ¥1,350
突風吹きまくりで冷えたせいかレンズが曇りました(笑)

|

« 2006年5月〜12月の散財結果 | Main | SHURE、新型イヤフォンSEシリーズを公開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/13375204

Listed below are links to weblogs that reference NetInfo ManagerでMac OS Xホームディレクトリを移動する:

« 2006年5月〜12月の散財結果 | Main | SHURE、新型イヤフォンSEシリーズを公開 »