« 物欲リスト(2007/01/21) | Main | タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ »

2007.01.23

ウィルコム、W-OAM対応の音声端末とW-OAM高速版データ通信カード

ウィルコムがW-OAM対応の音声端末とW-OAM高速版データ通信カードを発表しました。
W-OAM typeGは1.25倍高速になり、ついに512kbps(8xパケット)を達成しています。

ということで、2xパケット通信で128kbps、4xで256kbpsを達成できるW-SIMを期待したいところですが、少し時間がかかりそうです。
W-OAM対応のデータ通信カードが出てから、W-SIM版のRX420ALが出るまでに半年かかってますから、typeG対応のW-SIMも同じくらいかかるのかもしれません。

ただ、今回は4xタイプのコンパクトフラッシュタイプが出ていないので、消費電力面で厳しそうな感じです。
W-OAM(8x)対応のAX520Nが340mA、W-OAM(4x)のAX420Nが190mAなのに対して、AX530INが680mAと、今までのカードの2倍食う、という状況です。
DDが210mAですが、これがW-OAM typeG対応で420mAになるならUSBの供給電流(500mA)ギリギリのラインになるので、実現までしばらく時間がかかりそうな感じです。

ということで、W-OAM typeGはあきらめて赤耳RX420ALに突撃した方が良さそうに見えてきました(笑)
あとは新型W-ZERO3の登場をまって機種変更で乗り換えたいところです。

Musashino_20070122 今日の夕飯:味処 むさし野 中華そば+づけ玉子+季節のご飯 ¥1,050
今日は手ブレがひどいですが、ウニ炊き込みご飯+シマアジ+甘エビ+卵焼きでした。
これで全メニュー制覇ですが、つけそばと塩そばがお気に入りですね。

|

« 物欲リスト(2007/01/21) | Main | タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/13623142

Listed below are links to weblogs that reference ウィルコム、W-OAM対応の音声端末とW-OAM高速版データ通信カード:

« 物欲リスト(2007/01/21) | Main | タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ »