« Photoshop 6.0の最期、Adobe CS3シリーズを発表 | Main | Mac起動音を生演奏? »

2007.05.10

Intel、Santa Rosaプラットフォームを正式発表

Intelが新Centrinoプラットフォーム(コード名:Santa Rosa)を正式発表しました。

大きな特徴としては、

  • FSBが667MHz→800MHzに向上
  • 内蔵グラフィクス(GM965)はデスクトップ用G965とほぼ同等のGMA X3100を搭載
  • ドラフト版802.11n対応のWireless WiFi Link 4965AGN(A/Gのみの4965AGも用意)
  • 片方のコアをC3アイドルステートに落とし1コアのみ動作クロックを200MHz向上させるIntel Dynamic Acceleration(IDA)
  • 各種省電力モードの搭載
  • VistaのReadyBoost、ReadyDriveに対応するIntel Turbo Memory
といったところですが、やはり目玉は汎用シェーダを8基搭載したGM965でしょう。
ベンチマークを見ると、mobility RADEON X1400(128MB VRAM)とほぼ同等のようです。
ただ、ここを見ると、VRAMが128MBなのが足を引っ張っているようで、256MBのVRAMを付けたmobility RADEON X1400 Proだと、GM965のほぼ2倍くらいのスコアになるようですね。

デスクトップとの比較ですが、うちのPentium 4 2.6CGHz + RADEON 9500 Proが3DMark05で1800台のスコアですから、3DMark05で800台と、ほぼ半分くらいのスコアのようです。
ということで、2年くらい前のモバイル用ミドルレンジGPU、または、4年前のデスクトップ用ミドルレンジGPU並みの性能は出ているようですから、ギリギリ許容範囲、といった感じですね。

とりあえず、PM965なMacBook Proを待ちたいところですが、GeForce 8Mシリーズなのか、未発表のRADEON X2000シリーズになるかは不明です。
6月のWWDCまでは待てないので、できれば5月中旬には発表してほしいなぁ、と(笑)

Doublet_20070509 今日の夕飯:だぶれっと チキン唐揚げ + チキンドリア ¥1,600
久々に目一杯食べてみました(笑)

|

« Photoshop 6.0の最期、Adobe CS3シリーズを発表 | Main | Mac起動音を生演奏? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/15017400

Listed below are links to weblogs that reference Intel、Santa Rosaプラットフォームを正式発表:

» Intel Wireless WiFi Link 4965AGN [PCのことなら :: PCリサーチ]
Intel Wireless WiFi Link 4965AGNは、PCI Express Mini Cardに対応する、ドラフト版IEEE 802.11n準拠の無線LANカードです。 Intel Wireless WiFi Link 4965AGNは、Centrino Duo プロセッサー・テクノ... [Read More]

Tracked on 2007.05.11 at 22:29

« Photoshop 6.0の最期、Adobe CS3シリーズを発表 | Main | Mac起動音を生演奏? »