« 今日の昼飯と夕飯(2007/06/17) | Main | MacBook Pro出荷キター »

2007.06.19

データ精度はシステムの品質を左右する

栗原さんのblogで「年金問題をデータ品質問題として考える」という記事が載りました。
とりあえず、こんな話もあるようなので、失敗するべくして失敗した、という感じですね。

事務や業務系のコンピュータシステムをやっている人ならわかるかと思いますが、データの精度と一意性の保持はシステムの運用品質を作用する重要な要素です。
データ精度の保持は、通常発注者に責任がある作業のパターンが多いですから、社保庁は発注者責任を果たしていない、というべきでしょうね。
「システムのことはわからん」と言っても、データの精度、品質については絶対に理解しないと損をするのは確かですから、「プロに任せる」という丸投げ態度はやめるべきでしょう。

まぁ、わしは年金がもらえる前に寿命が尽きるか、野垂れ死ぬか、はたまた国外逃亡するかわかりませんが、年金もらえなくても怒る気はしなくなってますが(笑)

今日の夕飯:エキナカ 海鮮カレー + チーズ + 半熟玉子 ¥1,170
エキナカなのでno pictureです(笑)

|

« 今日の昼飯と夕飯(2007/06/17) | Main | MacBook Pro出荷キター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/15483759

Listed below are links to weblogs that reference データ精度はシステムの品質を左右する:

« 今日の昼飯と夕飯(2007/06/17) | Main | MacBook Pro出荷キター »