« 子供の時見たかった一畳プラレール(笑) | Main | AVアンプはHDMI入力が主流に? パイオニア、DTS-HD/TrueHD対応AVアンプ »

2007.08.02

無線LANで位置計測?

ITproに「立っている無線LAN APは他人のものでも使え!?」という記事が掲載されました。 ソニーグループのクウジットがライセンスするPlaceEngineを使ってNTTレゾナントが実証実験を行うようです。

各地に個人・団体が設置した無線LANのアクセスポイントから出ているビーコン信号を受信し、複数のアクセスポイントの電波強度から相対的な位置推定を行うというもので、各アクセスポイントの所有者がアクセスポイントの場所を登録することで絶対位置を把握する、というものです。

この方法の特徴は、

  • ビーコン信号のみ利用するため、位置提供している無線LANアクセスポイントに接続する必要は無い
    =位置提供者は無線LANそのものを不特定多数に解放する必要は無い
  • ESS-IDステルス化など、ビーコン信号の送出を制限しているアクセスポイントは位置推定に使えない
  • 引っ越しなどでアクセスポイントを移動させた場合は、位置問い合わせサーバに再登録が必要
    =再登録しないと現在地推定が不適切になる
  • 建物内などではGPSより精度を上げられるが、無線LANアクセスポイントのほとんどない山間部では無効

といったところで、ある意味、ボランティア的な積み重ねがあって実現できるものです。
そういう意味では、インフラをゼロから構築しないでも、ベストエフォートな結果が得られる、という意味で興味深いですね。
インフラ層をやっている所と協力して、ESS-IDとMACアドレスを自動登録する仕組みをルータやPCに備えれば、自動補正もできるので面白そうです。

Doublet_20070801 今日の夕飯:だぶれっと チキンから揚げ + 半ライス ¥900

|

« 子供の時見たかった一畳プラレール(笑) | Main | AVアンプはHDMI入力が主流に? パイオニア、DTS-HD/TrueHD対応AVアンプ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/15976688

Listed below are links to weblogs that reference 無線LANで位置計測?:

« 子供の時見たかった一畳プラレール(笑) | Main | AVアンプはHDMI入力が主流に? パイオニア、DTS-HD/TrueHD対応AVアンプ »