« PSU、ついにワールド統合を実施 | Main | 今日の夕飯(2007/11/15) »

2007.11.15

サンマイクロ、地下100mの鉱山跡地にデータセンタを設置

スラッシュドットに出てましたが、サンマイクロシステムズ他11社で深度100mの地下空間にデータセンタを設置するようです。
メリットは

  • 岩盤が堅固なため、耐震性に優れる
  • 気温が15度と低いためエアコンの設置を最小限にできる
  • 豊富な地下水を使用して水冷システムを稼働できる

といったところのようです。
Googleなど数十万台オーダーのサーバを扱っているようなセンタでは熱と消費電力の問題が深刻でしたが、こういった涼しい場所を利用することで消費電力を減らせるのであればメリットかもしれません。
単純に地下なら、核シェルターを利用したデータセンタというのもありますが、センタ設備の耐障害性はともかく、熱問題は解決しませんから、ここが新しいところですね。

今は水冷ラックというものもありますし、サンにはProject Blackboxという水冷システムを使用したコンテナ型データセンタというソリューションもありますから、これらを組み合わせてデータセンタを構築する可能性もありそうですね。

とはいえ、データセンタに入ることがある人間としては、地下100mに閉じ込められるとか昔の鉱夫みたいな事故が起こらなければいいなぁ、としか(笑)
この業界、過労死や自殺以外では労災が滅多におりない業界ですが、地下100mでの作業が増えれば、事故や労災リスクがあがる可能性がありそうですね。
まぁ、Project Blackboxだと、メンテナンスでハードウェアエンジニアやサービスエンジニアが入るくらいで、ソフトウェアエンジニアは遠隔操作がメインになりそうです。
さらに、クラスタや仮想マシンなどを組み合わせてサービスを継続させる、などの工夫と組み合わせるなど、エンジニア負荷を下げる方向になってほしいですね。

今日の夕飯:モスバーガー スパイシーモスチーズバーガー + フィッシュバーガー + ライスバーガーカルビ焼肉 + オニポテ + アイスウーロン茶 + チキンナゲット ¥1,630
食い過ぎなのは置いておくとして(笑)
モスも当期赤字だったので支援のために食べてきました(笑)
焼肉ライスバーガーが復活したので注文しましたが、サンチュの緑がちょっと不自然なくらい蒼かったのが気になりましたね。
照明が暖色系なせいかもしれませんが、イミテーションの葉っぱを食べるような印象で、ちょっと惜しいなぁ、という気分です。

ちなみに、トレイの敷紙がモスローカル用語になってました。
スパモッチとかモッチのようにモス固有の用語以外にも、それぞれの店舗ごとのローカル名称が載っててなかなか興味深かったです。

|

« PSU、ついにワールド統合を実施 | Main | 今日の夕飯(2007/11/15) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/17075649

Listed below are links to weblogs that reference サンマイクロ、地下100mの鉱山跡地にデータセンタを設置:

« PSU、ついにワールド統合を実施 | Main | 今日の夕飯(2007/11/15) »