« 今日の夕飯 (2008/02/11) | Main | 納車間近なのに次の自転車を妄想(笑) »

2008.02.13

東証障害における原因説明のポイント

ITproに「【続々報】東証の新派生売買システムが復旧、原因はメモリーの初期化エラー」という記事が載りましたが、原因はよくあるパターンですね。
C言語のような変数の初期値が不定の環境を使っているのか、初期化処理そのものが例外発生時にスキップされるのか、あたりが確率が高そうです。

まぁ、その辺を置いておいて(笑)
ポイントは理由説明ですね。
メモリーの初期化エラーという表現は「変数」を「メモリ」と置き換えて扱っているのですが、ぱっと見ハードウェアエラーっぽく見せています。
「特定の条件だと初期化処理が実施されなかった」という文面から、ソフトウェアバグ、ということが理解できるのですが、トリッキーな説明をしていますね。

とりあえず、説明の仕方としては参考になりそうです(笑)

今日の夕飯:コンビニ テキトー(笑)

|

« 今日の夕飯 (2008/02/11) | Main | 納車間近なのに次の自転車を妄想(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/40104094

Listed below are links to weblogs that reference 東証障害における原因説明のポイント:

« 今日の夕飯 (2008/02/11) | Main | 納車間近なのに次の自転車を妄想(笑) »