« Windowsサービスパック適用時は適用済みパッチも再適用されるらしい? | Main | 2008年秋モデルのDIGAは6倍速BD-R対応? »

2008.06.18

QuickTime 7.5にアップデートするとFlip4MacでWMV再生不可

Flip4mac_qt75setting QuickTimeを7.5にアップデートしてから気がついたのですが、Flip4Mac WMV 2.2.0.49RでWMVファイルの映像がブランクになり、再生できなくなりました。
とりあえず、ネットラジオなどの音声トラックは再生できるので困らなかったのですが、QuickTimeのロールバックも面倒なので、少し調べてみました。

調べてみたところ、Flip4Macのフォーラムに回答が載っていました。

  1. QuickTime Playerなど、QuickTimeを使用するアプリケーションを終了する
  2. システム環境設定→Flip4Mac WMVを選択
  3. Playerタグの「Open local files immediately」のチェックを外す
  4. システム環境設定を終了する
  5. QuickTimeを使用するアプリケーションでWMVファイルを再生する

上記の手順で動画が再生できるようになりました。
どうやら互換性問題らしいので、Flip4Mac WMV、もしくはQuickTimeのアップデートのどちらかで正式に問題解決しそうな感じです。
確か、このチェックボックスはデフォルトオンのはずなので、気付きにくいかもしれませんが、映像が見られなくなった人は試してみると良いかもしれません。

|

« Windowsサービスパック適用時は適用済みパッチも再適用されるらしい? | Main | 2008年秋モデルのDIGAは6倍速BD-R対応? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/41566449

Listed below are links to weblogs that reference QuickTime 7.5にアップデートするとFlip4MacでWMV再生不可:

« Windowsサービスパック適用時は適用済みパッチも再適用されるらしい? | Main | 2008年秋モデルのDIGAは6倍速BD-R対応? »