« マイクロソフト、2008年11月のセキュリティ情報を公開 | Main | 梅田×岩田×糸井 対談スタート »

2008.11.14

AMD、45nmプロセス + ShanghaiコアのOpteronを発表

AMDが45nmプロセス + ShanghaiコアのOpteronを発表しました。
L3キャッシュの増量、インタフェースの高速化、仮想化周りの改善など、小技の効いたデザインになっているようで、クロックが1割高いPenryコアと同等か14%増しくらいの性能になっているようです。

動画エンコードでは、ほぼ同クロックのPhenom X4とCore 2 Quadで1割ほどの性能差がついているので、今回のShanghaiコアでPenrynと同等かもう少し上が狙えるなら、単価が安いというのはお得な感じです。

ただ、IntelはNehalemで引き離すこともできるので、後追いが厳しいのも事実ですね。
NehalemはHyperThreadingとTurbo Boostでかなり効率が上がるのですが、これが現運用でどのくらい影響するか興味深いところです。

|

« マイクロソフト、2008年11月のセキュリティ情報を公開 | Main | 梅田×岩田×糸井 対談スタート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/43108846

Listed below are links to weblogs that reference AMD、45nmプロセス + ShanghaiコアのOpteronを発表:

« マイクロソフト、2008年11月のセキュリティ情報を公開 | Main | 梅田×岩田×糸井 対談スタート »