« PC組めねぇ〜 | Main | アップル、iMac G5の無償修理サービスを終了 »

2008.12.20

VMware Fusionで3Dグラフィクス使用ゲームが動く?

Vmware_20081220_1 Vmware_20081220_2
OSの入れ替えとセットでVMware Fusion 2.0の仮想マシンをXP SP3に入れ替えました。
VMware FusionではXP以上のOSでDirectX 9.0c(SM 2.0)が動作するので、ゲームも動くかな、ということで闘神都市IIIベンチマークで確認したところ120fpsくらいの値が出るようです。
一般的な液晶モニタは垂直同期周波数が60Hzのプログレッシブ表示 = 60fpsですから、120fpsが出るなら十分実用的と言えますね。
画像についても特に問題ないように見えます。

Vmware_20081220_3 Vmware_20081220_4
ちなみに、仮想マシンをユニティモードに設定すると、ウィンドウ合成処理が重くなるのか、30fps程度しか出ないようです。
Windowsのゲーム1本だけならユニティモードでGUI統合するよりも、ゲームの設定でフルスクリーンモードにしてパチGUI統合にした方がパフォーマンスはいいようです。

Vmware_20081220_5
ちなみに、ゆめりあベンチも動きました。
XGAで7000というスコアはRadeon 9500クラスといい勝負だった記憶があるので、ギリギリVistaのAeroを動かせそうなレベルですね。
とはいえ、Aeroを動かすにはVMware Fusionの仮想VGAドライバがWDDMドライバ方式で提供されないといけないのですが、まだWDDM版が提供されていないのでこの辺のオーバーヘッドがどれくらい出るか、など気にするところは多そうです。
手持ちのソフトで、「イース -フェルガナの誓い-」もインストールしてみましたが、こちらは起動すらしなかったので、VMwareのDirectX 9.0サポートはまだまだこれからのようですね。
ハードウェアを含めたI/O仮想化の一環でGPU仮想化が行われたときに十分な互換性とパフォーマンスが出るようになるのかもしれないですね。

|

« PC組めねぇ〜 | Main | アップル、iMac G5の無償修理サービスを終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/43471547

Listed below are links to weblogs that reference VMware Fusionで3Dグラフィクス使用ゲームが動く?:

« PC組めねぇ〜 | Main | アップル、iMac G5の無償修理サービスを終了 »