« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

2009.01.31

ケンタネタが続くなぁ(笑)

今週のサンレッド(nicovideo)も「ヴァンプ将軍のさっと一品」があったのですが、そういやケンタッキーカレーネタがあったなぁ、とタイムリーなネタでした(笑)
すでに塩やスパイスが付いているのですこし薄味にするのがポイントみたいですね。

愛媛の実家に帰るとカレー作らされるので、こんどはケンタ買ってやってみようと思います(笑)
ただ、店舗検索すると昔より大幅に減ってるので、そのうち完全撤退しそうですが(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.01.30

Mail.app改めEudoraのメールをGmailに移行中 (その4)

前回の続きですが、とりあえずSJISなmboxになっているEudoraのデータを変換するようにしてみました。

現在の問題点

  • Eudoraメールボックス → 自作ツール → Gmail Loader → SMTP → Gmail
    という手順に変更
    IMAPはMail.appがハングアップするのであきらめた

  • ツールの方はメールヘッダ内のcharsetを書き換えていないが、多分なんとかなりそう。ダメだったら書き換える

  • @niftyのSMTPは中継制限があるようなのでGmailのSMTPに直接送り込みたいが、適当なSMTPサーバソフトが見当たらない
    Gmail LoaderはSMTPから拒否られると再送しないのでRadishにキューイングして中継しているが、やはりサブミッションポート対応、SSL対応なSMTPサーバを用意した方が良さそう。

と言ったところです。
SMTPの場合、ISPのサーバ側の中継制限を食らうことが多いので、SSL対応なSMTPサーバを玄箱で構築してなんとかした方が良さそうですね。
ということで、時間見て再挑戦です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.29

Conficker/Downadupワームの感染はこれから悪化か?

Enterprise Watchに「「最悪の事態はこれから」? 不気味に急拡大する「Downadup」ワーム」という記事が載りました。
現時点では感染のみで大きな影響は少ないのですが、このワームのポイントは

  • MS08-067の脆弱性を使って感染拡大する
  • Windowsファイル共有サービスに対してユーザ名/パスワード辞書攻撃を行い管理者権限を乗っ取る
    → Administratorのパスワードが空欄ならほぼ確実にやられる
  • USBメモリやリムーバブルメディアにautorun.infを書き込み、自動実行で感染させる

といった複合的攻撃を行います。
いちばん引っかかりやすいのはWindowsファイル共有のパターンですね。
パスワードポリシーがアバウトだったり、空欄許容の場合は確実にやられると思った方が良いです。
特にプリインストール版のWindows XPではAdministratorアカウントの初期パスワードが空欄だったりするケースもあるため、強固なパスワードを設定しておかないとやられる可能性があります。

Conficker_20090128_1 Conficker_20090128_2
ローカルのAdministratorパスワードを変更する方法ですが、マイコンピュータを右クリックして「管理」を選ぶとコンピュータの管理コンソールが開きます。
そこから、システムツール→ローカルユーザとグループを選ぶと、ローカルコンピュータ内のユーザ一覧が表示されるので、そこからAdministratorのパスワードを設定すればOKです。
ここで英数記号の3種を含めた長い(15文字以上)のパスワードを入れることである程度の強固さを確保することが可能です。

今回のワームがアップデートされ、企業内や家庭内の情報強奪をはじめることも予想されます。
早めにチェック、対応しておくと良いかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.28

今日の夕飯 (2009/01/27)

毎日50分弱固定ローラーを回しているのですが、さすがにヘバってきました(笑)

Taaban_20090127 タァバン ミートターリ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.27

ママチャリ乗るの、怖くないです?

ママチャリって乗るの怖くないです?
中学生のころからずっとスポーツタイプの自転車に乗っていたので、ママチャリにほとんど乗ってないのですが、学生時代に実家に帰省してママチャリに乗ってみたら、

  • 重心が低いのがダメで怖くて曲がれない
  • 直進性が悪いのでフラつく
  • 低速域で安定するようになっているのでスピードが出しづらい

ような気がしてどうにも乗れませんでした。
おおやまの店長に聞いたら、「スポーツ自転車乗ってる人はだいたい同じことを言ってる」と言ってました。
子供乗せするなら、クロスバイクにこれ装着しないと乗れなさそうです(笑)

Doublet_20090126 今日の夕飯:だぶれっと ミックスグリル ガーリック + 半ライス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.26

今日の昼飯 (2009/01/25)

今日は晴れたので髪切って整体で調整してきました。
ローラーまわして柔軟してないと脚がガチガチになっているので、この辺は注意しないといけないですね。
これでしばらくは安眠できそうです(笑)

Bellavista_20090125_1 Bellavista_20090125_2
今日の昼飯:BELLA VISTA Bランチ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.25

AMD、Phenom IIを値下げ

AMDは発表したばかりのPhenom IIを値下げしました。
Core 2の値下げで 3GHzのCore 2 Quadが3万円くらいになったので、価格優位性を出そう、という形ですね。

早速、秋葉原価格も値下がりして2万円中盤で3GHzクァッドが購入できるようになっています。
Phenom IIの性能的には、同クロックのCore 2 Quadとトントン、といったところなので価格優位ではありますが、IntelにはCore i7という上位グレードがありますし、AMDは45nmに移行したばっかりで製造原価のネックがあります。
この辺をどう埋めていくかがポイントになりそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.24

今日のAmazon物資 (2009/01/23)

注文済みリストでは今月はこれでラストみたいです(笑)

Amazon_20090123
  • マクロスF 第6巻 (BD) (amazon)
  • コードギアス 反逆のルルーシュ 第6巻 (BD) (amazon)
  • コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第6巻 (BD) (amazon)

いつものごとくオーディオコメンタリーばっかりチェックしているのですが、マクロスFの保志さんのコメンタリーがツボでした(笑)
中村さんが出ていると混ぜるな危険感があっていいですね(笑)

Bellavista_20090123_1 Bellavista_20090123_2 Bellavista_20090123_3 Bellavista_20090123_4
今日の夕飯:BELLA VISTA ラザニア + 子牛のカツレツ
給料出たしぱーっとやりました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.23

今日のAmazon物資 (2009/01/22)

月末恒例の物資到着です(笑)

Amazon_20090122 こどものじかん 第6巻 (amazon, 特別限定版, 通常版 )

センセーショナルな描写に目がいきますが、本質は「こども」「育てる」「成長」を描いている作品です。
絵柄的に敷居の高い方もいるかもしれませんが、見逃すには少しもったいないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.22

システムの寿命を把握して出費をコントロール

ITproに「システム延命で逆風を乗り切れ」が掲載されました。
IT系のシステムは、

  • ハードウェアの保守が終了すると新しいハードウェアを用意する必要がある(故障するとサービスが停止するため)
  • ハードウェアの調達時期によっては、システムで使用しているOSやミドルウェアが動作しないケースがある
  • ソフトウェアのサポートが終了してバグ修正やセキュリティパッチが出ないことがある

ということで、少なくともハードウェア、OS、ミドルウェア、アプリケーションの4階層で寿命を考える必要があります。
最近は仮想マシンを使うことでハードウェアを隠蔽できるようになったため、ソフトウェアの寿命だけ考えれば良いケースも増えましたが、性能重視の場合や割り当て可能なIPアドレス数の問題から仮想マシンが使用できないケースもあります。
そのため、社内で使っているシステムの寿命を考えるときには各階層ごとのサポート期間をもとにシステム余命一覧表を作っておく必要があります。

では、このサポート期間をどうやって知るか、ですが、
例えば、マイクロソフトはプロダクトサポートライフサイクルサポート対象サービスパックという形で各製品、各サービスパックのサポート期間を明記しているため、このスケジュールをもとに
ハードウェアについては、OSのメインストリームサポートが終了するころには対応ハードウェアが出荷停止になることが多いため、メインストリームサポート終了時期がハード保守のどの時期に来るか、で考える必要があります。
古いOSは枯れているのでそちらを選ぶべき、というのは現在では通用しない、と考えて良いでしょう。

最近のトレンドとして、パッケージのノンカスタマイズ利用、SaaS、クラウドの利用、と言ったところもありますが、サービス提供ベンダーへのロックインの問題など回避できない問題もあります。
栗原氏のblogにもありますが、メールなどのインフラと違い、データ受け渡しのオープンな規格もない状況では、一度クラウドに載せてしまうとデータでロックインされてしまう、ということです。
また、自由度の点で独自アプリケーションがいいか、というと、ドキュメントや仕様を適切にアップデートして把握できる人間を維持できないかぎり、ノウハウが社外にもあるパッケージソフトよりも危険な状態に陥る可能性もあります。
そういう意味では、独自アプリケーションは陳腐化の自由度も高いともいえます。

この記事では、上記に加えてパフォーマンスシステムの価値、といった視点も加わります。
ソフトウェアは腐りません。
しかし、提供できる価値は陳腐化していきますし、安全性はいずれゼロになります。
システムの保守、サポートはお金を出せない、というところもあるかもしれませんが、寿命を把握していないと不意の出費で会社への損害となることもあります。
この辺はしっかり把握しておくべきところですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.21

今日はネタがありません(笑)

無いわけではないのですが、さすがにここで書くわけにはいかないネタばっかりなので(笑)
とりあえず、仕事の方が一段落しないとローラーも回せないですねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.19

Seagate、Barracuda 7200.11他にアクセス不能不具合

SeagateのBarracuda 7200.11、DiamondMax 22、Barracuda ES.2 SATA、SV35のファームウェアに不具合があり、アクセス不能になる、という不具合が見つかり、正式発表が行われました。
1週間くらい前から話題になっていたのですが、対象機種がかなり広範、かつ検証中という状況です。

データ消失はないとのことですが、電源を入れなおした後がヤバそう、ということで早めにバックアップを取っておいた方がよさそうです。
うちのPCも1台だけBarracudaを使っていたのですが、7200.10なので今回の不具合は発生しないようです。
止まると今作っているEudoraメール変換ツールを作る環境が無くなるのでヤバいです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mail.appのメールをGmailに移行中 (その3)

移行をしぶとくやってますが、進捗兼メモ、ということで(笑)

現在の問題点

  • Eudoraメールボックス → Eudora2Mbox → Mail.app → IMAP → Gmail
    という手順だとメールヘッダ部分の日本語がBASE64エンコードされていないためサブジェクトや送信元の名前が文字化けする

  • メールをリダイレクトする場合はメーラー側が再エンコードしてくれるので文字化けしないが、年2桁のメールはGmail側の仕様?で現在日付で受信する

  • IMAP4で大量のメールをGmailにアップロードすると時々エラーが出てメールが消失する

という状態だったので、メールヘッダに日本語があればBASE64エンコードするのと、1990年代に受信したメールのDateヘッダが年2桁の場合は年4桁に変換するツールを作って変換してみました。
で、Mail.appに移してみたら、一部のメールが文字化けしていたことが判明。
どうやら、Intel Mac + Leopard + Eudora2Mboxで変換したときに一部のメールがUTFエンコードされてしまったようで、無条件にISO-2022-JPでエンコードすると正しく読み込めないようです。
以前移行したメールを確認したら、該当のメールはISO-2022-JPになっていたため、変換ツールの操作ミス、または10.5で使用した場合の不具合ともとれますが、イマイチ答えが見えていません。

ということで、Eudoraのメールボックスファイルから直接変換するようにツールの仕様変更を考えていますが、Eudoraのメールボックスを確認してみると、Shift-JISなメールボックスなのにContent-Typeにcharset=UTF-8が残っていたり、といった現象が起こっているようです。
この辺はメールヘッダ部分をチェックしてContent-Typeのcharsetも上書きするように工夫した方が良いかもしれないですね。
HTMLメールの方はContent-Typeを書き換えなくても何とかなりそうなので、メールヘッダだけオーバーライドしておこうかと思います。

とりあえず、方向性は見えてきたので、明日もコードを書くことにします。
ちなみに、うちの机で初めてコーディングしたような気がするのですが、画面広いし職場より効率は良かったりします(笑)
まぁ、モニタが少し遠い位置にあるので、モニタアームを買えば最強なんですが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.18

Mail.appのメールをGmailに移行中 (その2)

ということでGmail移行作業で昨日の続きです。
いろいろチェックしてみたのですが、以下のことがわかってきました。

  • Eudora2Mboxで移行したmboxのメールヘッダはMIMEエンコードされていないためMail.appからIMAPでコピーすると文字化けする
    → リダイレクトの場合はMail.appがヘッダを再エンコードするためこの問題は発生しない
  • リダイレクトの場合はメールによっては受信日付がリダイレクト時の日付になる
    → GmailではDateヘッダの年月日のうち年2桁の場合はDateフィールドが無効になるらしい

ということで、以下の作業が必要そうです。

  • Eudoraのメールボックスをmbox形式に再変換
  • mbox形式(JISエンコード)を読み込み可能なプログラムを作る
  • メールヘッダをMIMEエンコードする処理を書く
    → 日本語部分だけMIMEエンコードすれば良さそう?
  • Dateヘッダをチェックして70以上99以下の値なら頭に19を付与して年4桁に変換
    → 月日時分秒は60以上の値にならない、時差部分は000以外は+100〜+1200、-100〜-1200なのでこの判定でよさそう?

わしの場合は、Eudora利用 → Gmail利用開始 → Mail.app移行の時系列で利用しているので、Eudoraのメールボックスを再度変換した方が確実性があります。
あとはプログラムを書くのが面倒でなければいいのですが、慣れてるVB.NETあたりで書くのが良さげそうです。
ということで、気が向いたら書くことにします(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.17

Mail.appの既存メールをGmailに移行中

気まぐれでMail.appのメールボックスをGmailに移行しています。
いろいろ手法があるのですが、おおざっぱにいうと2パターンあって、

  1. Gmail Loaderを使ってSMTPでGmailに転送
    従来の手法ですが、日付がGmailの受信日付になるため過去のメールをチェックするときに不便です。
    これについては、Gmailで仮アカウントを作成し、Gmail Loaderで仮アカウントに送信後、最終移行先のアカウントからPOP3でfetchすると受信日付を保持することが可能です。
    なお、mbox形式のファイルの各メールをSMTPでメールを送信する関係で、ISPによってはFrom:チェックでポートブロックされたり、スパムメール扱いされることもあります。
  2. IMAP4サービスを経由してメールボックスに転送
    IMAP4サービスはメールサーバ上のメールボックスとローカルのメールボックスが同期しているため、メールアプリケーション上でローカルのメールをメールサーバのメールボックスに移動するとサーバ上のメールボックスにアップロードできます。
    こちらについても、仮アカウントにIMAP4でアップロードすると移行時の原因切り分けが容易ですが、数千以上のメールを一気にIMAP4で移動させるとGmail側でエラーが発生して中断することがあります。

玄箱にSMTP&POP3、またはPOP3&IMAP4のサービスを構築して中間サーバにする、と言う手もありますが、今回はGoogle Appsの方で仮アカウントを作成してIMAP4でアップロードすることにしました。
現時点で数千通のメールを移行しましたが、LeopardのMail.appで数回エラーがでて中断するので、手作業で繰り返しています。
一通ずつアップロードするようなAppleScriptを書けば良さそうなのですが、メールをリダイレクトするスクリプトメールボックスを移動するスクリプトを組み合わせればできそうな感じですね。

あと気になるのが、日本語名称が文字化けするケースがある、ということです。
わしのメールボックスはEudora2MboxでEudoraから移行したもので、メールヘッダがMIMEエンコードされていなかったりします。
そのため、Mail.appでは正しく読めていても、IMAP4でメールボックス転送するときにGmailでは適切に表示できないのではないかと推測しています。
この辺についてはメールヘッダをMIMEエンコードをやり直すようなツールを用意し、一度変換してからMail.appに読ませるのが良さそうです。
一度最終移行先にメールを読ませてしまうと再挑戦が面倒なので、移行メールは仮アカウントにとどめておき、いろいろ調べる必要がありそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.16

アニメ製作話がわかる「喰霊-零-」超自然災害ラジオ対策室

「喰霊-零-」のネットラジオ「喰霊-零-」超自然災害ラジオ対策室ですが、パーソナリティ三人組はいつもの通り(笑)ですが、伊藤プロデューサーのアニメ製作話はなかなか興味深いです。
時々アウトじゃないかというネタが出てくることもありますが、企画やプロデュースという仕事に興味のある方は聴いてみるといいかもしれませんね。

バックナンバーは1ヶ月分ですが、どこかを探すと過去のも見つかるので、第1回から聴ける場合は最初から聴くと良いでしょう。
あと、「ヴぁ」の人のネタも面白いです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.15

今日のAmazon物資 (2009/01/14)

ということで久々のAmazon物資です(笑)

Amazon_20080114_1 Amazon_20080114_2 CODE GEASS COMPLETE BEST (amazon)

Amazon_20080114_3 コードギアス/コードギアスR2の全OP/ED曲です。
中身はCD1枚とノンクレジットOP/EDを全タイプ収録したDVDが1枚、ポストカード8枚、ストーリーガイド、歌詞楽曲解説、書き下ろしショートストーリーの各ブックレットの構成です。
ガンダムSEEDのCOMPLETE BESTと違うのは、挿入歌なしで代わりにC.C.のモノローグが収録されている点ですね。
シングルはだいたい買っていたので、accessの「瞳ノ翼」、ORANGE RANGEの「シアワセネイロ」補完用にしかならないのですが、コードギアスのCDはおそらくこれで最後なのでご祝儀ということで(笑)
次はGUNDAM 00 COMPLETE BESTですが、こちらも放送終了後3ヶ月待ち、ということになりそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.14

Microsoft、Windows 7/Windows Server 2008 R2日本語ベータ版を公開

マイクロソフトがWindows 7Windows Server 2008 R2の日本語ベータ版を公開しました。
TechNetサブスクリプション、MSDNサブスクリプション加入者には先行公開されていましたが、今回のベータ版は一般ユーザ向けに公開しています。

2009年8月まで使えるので環境を作りたいとは思いますが、Aeroが仮想マシンで動く環境は今のところ存在しないため、本当の意味での操作は実機で確認する必要があります。
また、Windows Server 2008 R2は64bit(x64/IA-64)専用なので、実機の調達で敷居があります。
正月に再構築したところなので手間はかけたくないのですが、ハードディスクを購入する機会があれば評価環境の構築を検討ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.13

サイクルトレーナー用ホイール&タイヤ到着

Cycletrainer_20090110_1 Cycletrainer_20090110_2
去年注文したサイクルトレーナーの片割れ、練習用ホイールが到着しました。
105ハブ(32H) + ALEXRIMS DA22 + 14番ステンレススポークの組み合わせに105の12-25スプロケットとトレーナータイヤ MINOURA Dualistを組み合わせたものです。

早速クイックシャフトをトレーナー付属のものと交換して装着してみましたが、105ハブのラチェット音がほとんどしないのに驚きました。
Bontrager Race Liteホイールはかなりうるさいし、RaceあたりでDeoreハブと同じくらいの音が出るのですが、105ハブは無音とはいかないものの、ホイールの回転音にかき消されるくらいの音しか出ないですね。

Dualistのノイズですが、Bontrager Raceホイール + Race Liteタイヤと比較して少し高音が減った感じはありますが、低音はそれなりに出ている感じです。
とはいえ、トレーナーの負荷を一番軽くしてインナーローで90〜100rpmで回している限りは極端にうるさい、という程ではないので、集合住宅でもギリギリ許容可といったところでしょうか。
空気圧は100psi〜150psiとロード用タイヤと同じくらいです。

Vittoriaもサイクルトレーナー用タイヤを出してきたので、Dualistを使い切ったらVittoriaを試してみたいですね。
とりあえず冬場はこれで回して燃料消費することにします(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.12

松戸よ、私は帰ってきた。

Gitogito_tatsu_20080110_1 Gitogito_tatsu_20080110_2 Gitogito_tatsu_20080110_3
近所でラーメン屋が開店していたので早速行ってきました。
二代目ギトギト龍」という名前で、どうやらギトギトラーメン成光の系統の店のようで、ギトギトは現在の住所に引っ越す前から食べていたので、この味が復活するならうれしいですね。

さっそく、醤油ラーメン+チャーシュー+温玉で注文してみました。
ギトギトがなくなってから数年ぶりに食べるので味はちゃんと覚えていないのですが、背脂たっぷりなのにあっさり、チャーシューは前と変わらないバラ巻きですし、ギトギト二代目ということで合ってる感じです。
麺の方は昔より固めになっているようで、普通で注文すればわし的には好みの硬さになってました。
初代ギトギトのときはわりと柔らかめだったので、これはこれで良い感じですね。

現在のラーメンと比べると古いスタイルですが、松戸老舗の味復活、ということで歓迎です。
あの通りはラーメン激戦区なので生き残るのは大変そうですが、なんとか続いてほしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.11

ニコ動の車載動画で実家の道路をチェック

ニコニコ動画には車載動画というジャンルの動画があり、いろいろな道路を自動車やバイクで走ったときの動画があります。
実家のを探してみたら、国道379号線(nicovideo)のものがあり、実家からスタートだと、この動画(nicovideo)の国道33号線合流付近から逆方向に進む感じです。
高低差は約350メートルで昔は1車線で要離合のところも多かったのですが、最近はバイパスが完成して2車線で走れるようになったところが増えたようです。
自転車では旧道を走った方がいいのか、というところも考えられますが、この辺は前述の動画でバイパスの交通量や路側帯のチェックができるのでありがたいですね。

国道379号線は上尾峠手前のダム付近まではロードマンで走ったことがあるのですが、むちゃくちゃきつかった覚えがあります。
今のロードやクロスバイクで走ったらどれくらいなのか、というのは気になりますね。

ちなみに、R379の撮影をされた方はR33の撮影も予定しているようです。
R33は標高700mオーバーの三坂峠もあるのでこちらも期待ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.10

最大2TBのSDXCを発表

SDカード規格団体SD Associationが最大2TBのSDXC規格を発表しました。
これはSDHC規格がファイルシステムにFAT32を採用しており、32GBという容量上限があるためです。
100GB単位のSSDも出回り始めていますし、SDカードでも32GBのものが存在する現在、より大容量のものへの対応が必要になったため、SDXCを規定したと考えて良いでしょう。

SDXCでは、exFAT規格を採用して最大容量を2TBに拡張したところがポイントなのですが、exFATは現時点ではWindows Vista SP1/Server 2008, Windows Embedded CE 6.0のみでしか扱えないため、フリー実装が出てこないと普及しない、という問題点があります。
SDカード規格のメディア、リーダーなどの製品を作る企業にはexFATの仕様やリファレンス、サンプルソースコード等が提供されると思いますが、32GBのmicroSDカードが普及価格帯に来るまでに対応すれば良い、と考えているのかもしれませんが、現時点で32GBのSDカードが20,000円以下、16GBのmicroSDカードが6,000円以下で購入できますから、SDXCへの対応期間はわりと短い可能性があります。

あと、SDカードの容量上限がフラッシュメモリ側の仕様の問題もあるものの、それ以上にファイルシステムの影響を受けやすい、というのも問題かもしれません。

  • 1999年 SDカード規格 ... FAT16/2GB
  • 2006年 SDHCカード規格 ... FAT32/32GB
  • 2009年 SDXCカード規格 ... exFAT/2TB

SDHCは4GBからスタートしたため、3年で8倍(=2の3乗)の容量を達成した計算になります。
これは2年でトランジスタの量が2倍になる、というムーアの法則を越えるスピードです。
もし、このペースで容量が増えていくとすると、SDXCの上限に達するのは5年(=32倍=2の5乗)ということになり、SDXC規格の寿命は5年程度、ということになります。

もちろん、半導体の微細化ペースはどんどん落ちていきますから5年よりは長い可能性もありますが、規格寿命が短いとその度にファイルシステムの追加が必要になるため、かなり面倒になります。
組み込み機器ではリソース制限が厳しいため、複雑なファイルシステムは搭載しづらいのですが、こういったメモリカード規格ではもう少し長いスパンで使用できるファイルシステムの方が望ましいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.09

AMD、45nmのPhenom IIを発表

AMDが45nmクァッドのPhenom IIを発表しました。
サンプルを使用したベンチマークも各メディアに掲載されましたが、性能は同価格帯/同クロックのCore 2 Quadと同等、消費電力もトントン、と3万円前後で購入できるプロセッサとしては良い選択肢のようです。

年始にAthlon X2 4850eに入れ替えたばかりですが、この性能を見るとPhenom IIへ入れ替えたい、という気が起こりますね。
とはいえ、今の静音状態がキープできるのか微妙なので、どうせ買うならWestmereかSandy Bridgeコア搭載のMac Proまで待つか、という気もしてくるのですが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.08

アップルはTigerのサポートを切るのか?

昨日のMacEXPO基調講演では、

  • MacBook Pro 17-inch
  • iLife 09
  • iWork 09
  • Mac Box Set(=Leopard + iLife + iWork)
  • iTunes StoreのDRMフリー化
  • 米国内での音楽3Gダウンロード対応
  • ということで、あんまり大きな発表は無かったのですが、MacBook Pro 17-inchは1920x1200 LEDバックライト液晶が標準装備なのとBTOでアンチグレア液晶が選べるのが大きいですね。
    MacBook Pro 15-inchが1680x1050液晶+アンチグレア液晶選択可あたりは、次のモデルで実現してほしいところです。

    あと、iLifeやiWorkと10.5 LeopardをセットにしたMac Box Setが出たのは、年末にLeopardを単品買いしたわしには痛かったですね。
    iLifeはハードウェア本体に付属していますが、OSを新しくしても古いバージョンを使う、もしくは互換性がなくなるケースもあります。 ですから、最新OS対応のためのiLifeアップグレード代金がOS単品との差額4,000円と考えるなら妥当な提案かも知れません。

    また、Mac Box Setは、不景気による値引き以外にもSnow Leopardの発表が近くなり、10.4 Tigerのサポートを切った場合の救済策として考えているのかもしれません。
    10.3 Panther世代のMacあたりがLeopardにアップグレードできる下限のケースが多く、その辺りはそろそろ修理サービスも終了する時期ですから、Leopardへの敷居を下げるためにMac Box Setを出している、という可能性もありそうです。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2009.01.07

    Mac EXPO 2009で出るのか? よくわからない機種

    Appleが出展する最後のMac EXPOの基調講演開始が近いのですが、ペンディングになっている機種というと、

    • GeForce 9400M搭載のMac mini
    • GeForce 9400M+ディスクリートグラフィックのiMac
    • ユニボディ採用のMacBook Pro 17-inch
    • Intel Core i7 + X58な28インチiMac
    • Xeon 5500(=Nehalem)シリーズ搭載のMac Pro

    果たしてこのうちどれが出るか、というのはありますが、最後のイベントなのでOne more thingの連発で気持ちよく終了させてほしいところです。
    とりあえず原資がないのでMac Proは見送りですが、ライブ見ながら夜更かしですね(笑)

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2009.01.06

    シマノPROディスクホイールの2009年モデルはちょびっと値上げ

    新年ということで、シマノPROブランドのディスクホイールも2009年モデルになったか確認してみたら、価格は上がったものの今年(pdf)も出るようです。
    2007年モデルと比較すると2万円ほど上がりましたが、それでも20万円以下で(気軽に)購入できるディスクホイールはこれが唯一なので、ネタで買うには面白そうですね。
    Ultegraハブ仕様なのでハブの回転精度はDURA-ACEほどではないのでしょうが、気軽に使えるクリンチャー仕様のモデルがあるので、使う機会は増えそうですね。

    とりあえず、ネタが浮かんで原資ができたら買うことにします(笑)

    2008/01/06追記:
    安いディスクホイールだと、HED Jet Discがあるようです。
    米ドルで1,000ということなので日本だと12万円くらいで売られているようなのですが、販売店が鍵らているようですね。

    | | Comments (5) | TrackBack (0)

    2009.01.05

    Mac EXPO 2009はMac miniを発表?

    明日からMacEXPOが始まりますが、基調講演は、火曜日の深夜26:00からのスタートのようです。
    隠し垂れ幕があるようなので、新製品、サービスが出るのは確実のようです。
    GeForce内蔵ビデオ搭載のMac miniは確実らしいのですが、新モデルはハードディスク2台構成も可能なようです。
    記事には記載がありませんが、もし、ハードディスク交換が容易になってeSATAポートが追加してあれば買い増ししたいところですね。

    Taaban_20090104_1 Taaban_20090104_2
    今日の昼飯:タァバン Dランチ
    ランチメニューは4種類あるうちB, C, Dランチはライス、ナンおかわり自由なんですが、最初ライスでおかわりナン、というパターンも可能です。
    やっぱりチキンがウマーですね。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2009.01.04

    玄箱Debian再構築完了

    元旦からやっていた玄箱の再構築が完了しました。
    新しいバージョンだと何の苦労もなくパッケージでソフトウェアが入れられるのが楽でいいですね。

    残件だったダイナミックDNSとWebDAVがらみですが、ダイナミックDNSは設定ファイルの記述誤り(セミコロン忘れ)の修正で問題なく動作しました。
    WebDAVの方は、既存の設定ファイルから必要な箇所を移植し、「a2enmod dav」コマンドでWebDAVを有効化すればちゃんと入りました。
    削除関連で動作がおかしかったので確認したところ、WebDAVはユーザ:グループがwww-data:www-dataで動作しているので、WebDAVのディレクトリを www-data にアクセス権を与えるとこちらも問題なく動作しました。

    といったところでサーバ構築が完了したので、これでしばらくは使えそうです(笑)
    内蔵ハードディスクが故障したら玄箱/PROに入れ替えですね。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2009.01.03

    デスクトップPCをAthlon X2 4850eに更新

    ということで、今日も構築作業です(笑)

    Lfpb371jd_20090102 Panasonic LF-PB371JD BD-REドライブ

    BDレコーダを購入したので、せっかくだからPCもBD-Rに対応させました。
    ついでにPCも組み直し、ということで、夏に調達したAthlon X2 4850eとGIGABYTE GA-MA78GM-S2Hで組んだのですが、ダイナミックボリュームのハードディスクはVistaのインストーラから初期化できないらしく、一度XP Proのインストーラで初期化、XPインストール中断後に再度Vistaをインストールしなおしました。

    前のPCは、Pentium M 1.6GHz, 1GB RAM, GeForce 6800GSでしたが、今回のマザーボードはオンボードビデオのため、ビデオカードのファンが回らない分かなり静かです。
    ハードディスクの方がやかましいくらいで、ディスクの方を入れ替えたくなりますね。

    ちなみに、AMD 780GはDVI/VGA両ポートに画面を同時表示できるため、追加のビデオカードなしに2画面対応が可能です。
    とりあえず現状環境が維持できたので満足です。
    あとはエンコードが速くなってくれれば十分ですね。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2009.01.02

    玄箱HGをDebianに入れ替え

    玄箱HGをVineLinuxで運用していましたが、さすがにバージョンが古いまま使うのはマズい、ということで、Debianに置き換えました。
    この辺の情報を見ながらDebian Sargeから現行のEtchにカーネルとモジュールを置き換えアップデートを行いました。
    途中、EMモードにしたらIPアドレスを変更しても応答がなかったため、一度本体をバラしてハードディスクを初期化することになりましたが、2年ぶりのホコリ取りになってちょうど良かったかもしれません。

    モジュールもapt-getである程度新しいのが入手できるようになったので独自ビルドはやめてDebianのパッケージを使用しています。
    SSL関係が少し詰まったのですが、この辺を見ながら証明書の発行を行い、一応見られるようになりました。
    最近はa2enmodというコマンドでapacheのモジュールを有効にできるようになっているみたいで、久々に構築すると新たに覚えなければいけないネタというのはいっぱい出てきますね。

    本当は半年おきとかタイムリーに再構築がいいんですが、DHCPとかDNSみたいに基幹ネットワークインフラは置き換えるのが面倒なのでどうしても億劫になりますね。
    とはいえ、今回の置き換えでカーネルやモジュールの置き換えで苦労するところは無くなりそうなので、まぁ、なんとかなりそうな感じです。
    他にもダイナミックDNSやWebDAV関係の再構築が残っていますが、この辺はのんびりやることにします。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2009.01.01

    謹賀新年2009

    謹賀新年、ということで、2008年のデカブツは

    と、自転車関係への投入が多かったですね。
    2009年は経済状況がどうなるかわかりませんが、自転車で走って考えることにします(笑)
    ということで、今年もよろしくお願いいたします。

    Roushan_tantan_20081231_1 Roushan_tantan_20081231_2 Roushan_tantan_20081231_3 Roushan_tantan_20081231_4
    今日の夕飯:楽山担担面 特製担々麺 + 小ライス + 小龍包 + 杏仁豆腐
    担々麺だってそばだから年越しだもん(笑)

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    « December 2008 | Main | February 2009 »