« スパイダーマッがマーベルオフィシャルで鑑賞可能に | Main | 今日の夕飯 (2009/03/11) »

2009.03.11

単位はビットじゃないかと

@ITで「IT業界の開拓者たち」の転載が始まっています。
この業界の人は結構エッジな人たちの集まりで人間臭い人もいっぱいいるので意外と読むと面白かったりします。

Atmarkit_20090310 で、マイクロンテクノロジーの「アイダホのポテト王からパソコン王へ」をチェックしていたら気になったのは、DRAMの容量がビットではなくバイトになっていることですね。
当時のDRAMは2の乗数ビット数の記憶容量を持っていること、およびDRAMチップの容量はビット表記になっています。
そのため、1チップで64Kbit、256Kbit、1Mbitという単位で容量が増えています。

また、1985年に東芝が1Mbit DRAMを発表していますし、1993年頃から16Mbit DRAMを8枚搭載した16MB SIMMが一般的になり、市場に出回り始めたことを考えても、やはり単位はバイトではなくビットと考えて良いと思います。
実際、Wikipediaマイクロンのサイトでも単位がビット表記になっているため、誤植と考えた方が良さそうです。

2009/03/12 追記:
@ITにメールしたら訂正が入ってました。

|

« スパイダーマッがマーベルオフィシャルで鑑賞可能に | Main | 今日の夕飯 (2009/03/11) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/44308913

Listed below are links to weblogs that reference 単位はビットじゃないかと:

« スパイダーマッがマーベルオフィシャルで鑑賞可能に | Main | 今日の夕飯 (2009/03/11) »