« Windows 7のXP Modeを使うなら今後はvProプラットフォーム? | Main | 今日の昼飯 (2009/06/20) »

2009.06.20

OEM版Windows 7のXPダウングレードは期限付き

マイクロソフトがOEM版Windows 7 Professional/Ultimateのダウングレード権について 発表しました。
ボリュームライセンス版は期限なしでダウングレード可能ですが、PCにバンドル出荷するOEM版についてはWindows 7 SP1のリリース、または出荷開始から18ヶ月以内の早い方、という制限がつくようです。
OEM版Vista Business/Ultimateの方は期限なし、とのことですが、Windows 7出荷開始2年後にはVistaも出荷停止になっていると思われますので、結果的にはほぼ同時期にXPダウングレード権を行使したXPプリインストールPCの出荷が停止すると考えて良さそうです。

この期限の意味合いはPCベンダー向けの制限と思われますので、出荷時にXPダウングレード権が付いていれば上記の期限後もXP搭載PCとして使える、という形になりそうです。
DSP版のWindows 7は少し微妙ですが、購入時期でダウングレード権の有無がある、と考えて良さそうです。

ゲームプラットフォームとしてみたとき、仮想マシンを使うWindows XP Modeは十分なパフォーマンスが得られないですし、3Dグラフィック処理においても不満が出る可能性が高いです。
そういう意味では、ダウングレード権でXPを延命しつつ仮想マシン環境でのDirect X 9.0対応、WDDM対応を進めてもらうのが良さそうな感じです。

|

« Windows 7のXP Modeを使うなら今後はvProプラットフォーム? | Main | 今日の昼飯 (2009/06/20) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/45394987

Listed below are links to weblogs that reference OEM版Windows 7のXPダウングレードは期限付き:

« Windows 7のXP Modeを使うなら今後はvProプラットフォーム? | Main | 今日の昼飯 (2009/06/20) »