« マイクロソフト、2009年7月の定例外セキュリティ情報を公開 | Main | 今日の夕飯 (2009/07/31) »

2009.07.31

Oracle 11gでFQDNにアンダーバーが入っているとインスタンス作成でエラーが発生する?

Windows版Oracle 11gを入れていて気がついたのですが、コンピュータ名にアンダーバーが含まれているとOracleDBConsoleサービスが起動せずインスタンス作成時にエラーを表示します。
これは10g以降で割と知られた問題ですが、コンピュータ名だけでなく、フルコンピュータ名、FQDNにアンダーバーが含まれている場合も問題なようです。

完全に検証しきれていないのですが、以下のどちらかの可能性があります。

  • FQDNにアンダーバーが含まれているとNG
  • DNSの逆引き結果でホスト名にアンダーバーが含まれているとNG

前者の場合、旧NTドメインでアンダーバー付きのNetBIOSドメイン名からFQDNにアンダーバーを含んだActive Directoryドメインに移行した場合などが該当するため、既設のADドメインに参加させる要件の場合、かなり厄介になります。
以下のいずれかで回避可能ですが、影響度の高い問題になります。

  1. OracleをインストールするサーバのADドメイン参加解除をする
  2. (上記でNGの場合)参照しているDNSの逆引きレコードをアンダーバー無しに変更する
  3. (レコードが変更できない場合)参照するDNSのIPアドレスを127.0.0.1に設定して逆引きできないようにする

ADのFQDNをアンダーバーなしに新規に構築するのも厄介ですし、DNSを引けないようにすると運用にも影響が出る事があります。
ADに参加しているPCはADのDNSを引ける必要があるため、ADに参加した状態でDNSのIPアドレスを変更する事はできません。
この辺りはかなり注意して検討する必要がありそうです。

|

« マイクロソフト、2009年7月の定例外セキュリティ情報を公開 | Main | 今日の夕飯 (2009/07/31) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Oracle 11gでFQDNにアンダーバーが入っているとインスタンス作成でエラーが発生する?:

« マイクロソフト、2009年7月の定例外セキュリティ情報を公開 | Main | 今日の夕飯 (2009/07/31) »