« Windows 7 日本語版 RTM、TechNet向けは8月12日よりダウンロード開始 | Main | Adobe、Createive Suite製品のPowerPCサポートを終了 »

2009.08.13

マイクロソフト、2009年8月のセキュリティ情報を公開

ちまたではTechNetでWindows 7 RTM日本語版が公開されてダウンロードが激重なんですが、マイクロソフトが2009年8月のセキュリティ情報を公開しました。

今回の注目は、

  • MS09-035を反映したActive Xコンポーネントを多数公開
  • MS09-029MS09-035が再リリース
  • MS09-044はリモートデスクトップ接続のバージョンによって適用するモジュールが変化するため手動適用時は現行バージョンの確認が必要

と言ったところでしょうか。
MS09-037はATL問題を解決したモジュールが多数公開されているため、1件のセキュリティ情報にも関わらず5個程度のセキュリティパッチを適用する必要があります。
他にもセキュリティ問題調査やテストの関係でリリースが遅れているモジュールがありそうですから、ATL問題はまだまだ尾を引きそうな感じですね。

スマートデバイス向け開発環境用にMS09-035を更新しているため、Visual Studio 2005/2008についてはインストールしたモジュールによってはスマートデバイス向けのパッチを追加適用する必要がありそうです。

ということで、お盆明けはWindows Updateをかけると10件以上のセキュリティパッチが表示されるヘビーなアップデートになりそうですね。

|

« Windows 7 日本語版 RTM、TechNet向けは8月12日よりダウンロード開始 | Main | Adobe、Createive Suite製品のPowerPCサポートを終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイクロソフト、2009年8月のセキュリティ情報を公開:

« Windows 7 日本語版 RTM、TechNet向けは8月12日よりダウンロード開始 | Main | Adobe、Createive Suite製品のPowerPCサポートを終了 »