« マイクロソフト、2009年8月のセキュリティ情報を公開 | Main | 今日の夕飯 (2009/08/14) »

2009.08.14

Adobe、Createive Suite製品のPowerPCサポートを終了

アップルがMac OS X 10.6 Snow LeopardのPowerPCサポートを行わないことを発表していますが、AdobeもPhotoshopなどCreative Suite製品のPowerPCサポートを終了するようです。

今回の発表のキーポイントは、前バージョンのCS 3、現行バージョンのCS 4についても、PowerPC向けのパッチは重大な不具合を除き今後出さない、としているところです。
つまり、マイナーな機能追加や仕様変更、軽微な不具合についてはIntel版のみ対応し、PowerPC版は対応しない、ということになります。

もともとCS 3以降はIntel Macでの性能向上をメインとしているところもありますし、64ビット化のためにCocoaで書き直す必要もあるため、PowerPCを切り捨てる事で64ビット化の開発リソースを確保しようとしているのかもしれません。
Photoshopはメモリ容量がパフォーマンスに響くソフトウェアですし、Windows版との差異を無くす観点からでもリソースの確保が急務、と判断したのかもしれません。

Adobe製品に関しては、Mac OS 9上で旧バージョンを動作させている方も少なからずいるのですが、そろそろ本体も含めたアップグレードを考える時期に来ているのかもしれません。
PowerMac G5も最終モデルの製造終了から3年経過しましたし、あと2年もすればPowerPC Macの修理も完全にできなくなるため、中古で維持すべきか、新しいMacで生産性向上を見込むか、Windowsに乗り換えるか、を決めるべき時期でしょう。

|

« マイクロソフト、2009年8月のセキュリティ情報を公開 | Main | 今日の夕飯 (2009/08/14) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/45920832

Listed below are links to weblogs that reference Adobe、Createive Suite製品のPowerPCサポートを終了:

« マイクロソフト、2009年8月のセキュリティ情報を公開 | Main | 今日の夕飯 (2009/08/14) »