« Intel、LGA1156のCore i7/i5/i3を発表 | Main | Apple、新しいiPodを発表 »

2009.09.10

2009年9月のセキュリティ情報は久々の秘孔突き?

マイクロソフトが2009年9月のセキュリティ情報を公開しました。
今回はすべて緊急なのですが、厄介なのは、MS09-048でしょう。

Windowsファイアーウォールをオフにしていると、インターネット経由でパケット攻撃を受ける可能性があるため、久々の秘孔突きセキュリティホールになるかもしれません。
いずれにしても、注意が必要そうです。

さらに、今回の問題はWindows 2000にも影響するのですが、Windows 2000にはセキュリティ修正プログラムが用意されない、というところです。
幸い、というか影響度はサービス拒否(DoS)ということでVistaや2008と異なり、クライアントから接続ができなくなる、という問題で済みますが、WebサーバやAPサーバをWindows 2000で提供している場合はサービス停止、ということになるため、サーバ以外の設備側で不正パケットを取り除く事ができるかどうかも検討が必要になります。

あと1年でWindows 2000のセキュリティサポートも終了するため、外向けに公開するサービスについては2008や2008 R2への移行を検討すべき時期でしょう。

|

« Intel、LGA1156のCore i7/i5/i3を発表 | Main | Apple、新しいiPodを発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/46169344

Listed below are links to weblogs that reference 2009年9月のセキュリティ情報は久々の秘孔突き?:

« Intel、LGA1156のCore i7/i5/i3を発表 | Main | Apple、新しいiPodを発表 »