« 仕事が忙しいので残業代出るまでブツ妄想(笑) | Main | 今日も仕事〜 »

2009.09.25

Intel、モバイル版クァッドコアNehalemを発表

Intelがモバイル版Core i7を発表しました。
今回は45nmクァッドコアのClarksfieldをベースにしたもので、最近発表されたメインストリーム向けのCore i7「Lynnfield」をベースにしたものと言えます。

今回はクロックが最大2GHzとかなり低めに設定されており、性能的には同クロックのCore 2 Quadの2〜3割増程度と考えて良いと思います。
ただ、Turbo Boostを使用することで75%のクロック引き上げができるため、1コアあたりの性能が必要なときはCore 2 Duoを上回るクロックで動作する、と考えて良さそうです。

モバイル版Core i7はおそらくiMacとMacBook Proへ搭載すると思われますが、Core i7への移行でクロックダウンするのは商品力としてかなり厳しいかもしれないですね。
Mac Proも大幅にクロックダウンしていますし、Sandy Bridge世代になるまでは厳しい時代が続きそうです。

|

« 仕事が忙しいので残業代出るまでブツ妄想(笑) | Main | 今日も仕事〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/46304090

Listed below are links to weblogs that reference Intel、モバイル版クァッドコアNehalemを発表:

« 仕事が忙しいので残業代出るまでブツ妄想(笑) | Main | 今日も仕事〜 »