« Apple、新しいiPodを発表 | Main | 今日のAmazon物資 (2009/09/12) »

2009.09.12

南アフリカではインターネットより伝書鳩の方が速い?

スラッシュドットに「南アフリカのインターネット、データ転送速度で伝書鳩に負ける」というネタが上がりました。
南アフリカで4GBのデータを80km先に送ろうとすると、準備時間含めてもハトがMbpsオーダーなのに、ネットは200kbps以下と1/20以下の速度のようです。

このネタは鳥類キャリアによるIPにインスパイアされたものっぽいですが、南アフリカのインターネット速度改善はもう少し先になるようですね。

今でこそ日本は100Mbpsの光回線が普及していますから問題になりませんが、15年くらい前は日本でも同じような状況でした。
NIFTY-SERVEから大学の研究室にインターネットメールを送信して受信するのと、自宅から電車で研究室に移動するのを比較すると、自分が移動した方が速かった、というのはよくありました。
これはインターネット速度というより、NIFTY-SERVE内でのメールゲートウェイのコネクション速度や配送速度の問題、と言った方が適切だったのですが、この辺りは何度もネタにした覚えがあります。

|

« Apple、新しいiPodを発表 | Main | 今日のAmazon物資 (2009/09/12) »

Comments

あの頃は財力が今より無かったのに、パワーだけは相当にあった気がしますね。
メールの件は数キロバイトのメールでも、NIFTY-SERVEのゲートウェイが細かったのと、大学の接続回線も細かったせい、ということはありましたが、その頃に比べると今は1,000倍以上の速度が出ている計算ですね。

Posted by: daishi | 2009.09.13 at 21:48

15年前はモデム全盛期でしたからねぇ。
NIFTYに高速でつなぐために3:00過ぎまで
起きていたのもいい経験でした。night

Posted by: ゆうちゃん | 2009.09.12 at 11:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/46186946

Listed below are links to weblogs that reference 南アフリカではインターネットより伝書鳩の方が速い?:

« Apple、新しいiPodを発表 | Main | 今日のAmazon物資 (2009/09/12) »