« 今日の夕飯 (2009/11/03) | Main | マイクロソフト、MS09-054の問題修正プログラムを配布開始 »

2009.11.05

Safari+Gmailでのフォント変更問題の解決策

Gmailsafari_20091104_1 2009年11月3日くらいからSafariでGmailを見ると、フォントが変更になったのか、見づらくなりました。
gmail safari フォント」で検索してみると、Gmailのヘルプフォーラムの投稿が見つかり、Google側でフォント指定を変更したらしいことがわかりました。

Gmailでフォントが変になってしまたので対処」を見ると、対策としては、

  • FontBookで「Arial Unicode MS」を使用停止にする
  • Safariのスタイルシート指定を使ってスタイルシートを上書きする

Gmailsafari_20091104_2 のいずれかがあり、後者のスタイルシートでフォント指定を変えるのが影響度は少なめ、というのが常識的な判断ですが、今回は面倒なので前者の「Arial Unicode MS」を使用停止を選択しました。
これで表示は問題なくなったのですが、「向こう側のサービス」が増えてくるとこういった仕様変更に伴う不満が出てくるケースが増えるのは問題ですね。
バージョン管理システムと連動した仕組みが持てると良いのかもしれませんが、データ構造を含めた互換性確保も大変ですから、ユーザサイドで変更できるような仕組みを組み込むか、Webブラウザ側の対策の仕組みを追加して対応できるところは対応してもらいたいですね。

|

« 今日の夕飯 (2009/11/03) | Main | マイクロソフト、MS09-054の問題修正プログラムを配布開始 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Safari+Gmailでのフォント変更問題の解決策:

« 今日の夕飯 (2009/11/03) | Main | マイクロソフト、MS09-054の問題修正プログラムを配布開始 »