« 今日は1日見積巡り | Main | 仮想化によるビジネスチャンス向上は商用ソフトウェアのライセンス次第では? »

2009.12.01

マイクロソフト製無償ウィルス対策ソフトをちょっとだけ

Mssecurity_20091130 Microsoft Security EssentialsをVMware Fusion環境にインストールしてみました。
Internet Watchの記事「マイクロソフト担当者に聞く、ウイルス対策無償提供の狙い」にもありますが、比較的軽い部類のウィルス対策ソフトで、リソースの少ない仮想マシン環境でもサクサク動きます。

ちょっと気になるところとしては、仮想マシンをサスペンドして中断する事が多いと、定義ファイルが古いままになることがある、というところですね。
1週間以上古い定義ファイルの場合は、セキュリティセンターから警告が出るので気付きますが、デスクトップ向け仮想マシンのように起動している頻度が低い場合は何かしらの工夫が必要そうです。
この辺りは仮想マシンベンダーの拡張機能との連携も視野に入れた方が良さそうです。

|

« 今日は1日見積巡り | Main | 仮想化によるビジネスチャンス向上は商用ソフトウェアのライセンス次第では? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/46904551

Listed below are links to weblogs that reference マイクロソフト製無償ウィルス対策ソフトをちょっとだけ:

« 今日は1日見積巡り | Main | 仮想化によるビジネスチャンス向上は商用ソフトウェアのライセンス次第では? »