« ニフティ、時間課金制も可能なニフティクラウドを発表 | Main | Apple、大型タッチパッド端末iPadを発表 »

2010.01.28

モバイル用Core i7/i5/i3の内蔵GPUの性能はGeForce 9400Mの4割程度?

パナソニック「Let'snote R9」のレビューがPC Watchに掲載されています。
今まではGPUの動作クロックを引き上げたデスクトップ用Core i5 661のレビューしか見当たらなかったため、動作クロックがCore i5 661の3割〜8割程度のモバイル用CPU内蔵GPUの性能が気になるところでした。
今回使用しているGPU絡みのベンチマークは3Dmark03とFF11ベンチですが、3Dmark03は世代が古すぎるので、現行のGPUと比較するのは困難です。

ということで、FF11ベンチマークを見る限り、Core i5 661との比較で、超低電圧版が50%程度、通常電圧版が80%程度の性能になるようです。
定格動作クロック比にならなかったことからすると、CPU性能に余裕があるため、GPUのTurbo Boostがそれなりに働いているような形と思われます。

アップル製品への採用ですが、現行のGeForce 9400Mと比較すると40%程度の性能しかないことを考えると、内蔵GPUを従来から採用しているMacBookに無理に搭載するレベルには達していないことになります。
ということで、MacBook Proはともかく、MacBookは内蔵GPUの性能引き上げまでCore 2 Duoで引っ張るか、GeForceのローエンド独立GPUを積んでリリースする2択になりそうです。

まぁ、アップルの最終手段でMacBookでも3Dゲームが楽しめるというアピールをスルーする、という手もありますが(笑)
いつの間にやら3Dゲーム云々の項目が非常に小さくなっているので、GPU性能には目をつぶるのかもしれないですね。

Doublet_20100127
今日の夕飯:だぶれっと 生姜焼き

|

« ニフティ、時間課金制も可能なニフティクラウドを発表 | Main | Apple、大型タッチパッド端末iPadを発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/47408530

Listed below are links to weblogs that reference モバイル用Core i7/i5/i3の内蔵GPUの性能はGeForce 9400Mの4割程度?:

« ニフティ、時間課金制も可能なニフティクラウドを発表 | Main | Apple、大型タッチパッド端末iPadを発表 »