« 2010年3月のMSセキュリティパッチは2件、非セキュリティパッチの再リリースあり | Main | カリフォルニアバーガー発売 »

2010.03.12

6コア32nmのCore i7 980Xのベンチマークが公開

PC WatchでCore i7 980Xのベンチマークが公開されています。
クロック周波数は前モデルのCore i7 975と同じ3.33GHzですが、32nmにシュリンクして6コアに増量、L3キャッシュが1.5倍の12MB、AES-NIなどの命令を追加したところが違いです。

動画エンコードについては1.5倍のコア数になっても性能は1割増〜4割増というところで、現時点のソフトウェアでは並列化の曲がり角に来ているものもあります。
もちろん処理によっては1.5倍のコア数を活用できていて、消費電力あたりの処理性能で前モデルのCore i7 975とトントンか若干良好なものも見受けられますが、絶対的な消費電力では1割〜2割増といったところになるようです。

ということで、現時点では32nmシュリンクの4/6コアのメインストリーム向けプロセッサを出す意味は薄いかもしれません。
32nmで4コアに減らしても消費電力は激減するほどではなさそうですから、Westmereはモバイルとハイエンドのみ販売し、そのままSandy Bridgeにつなげる、ということになりそうです。

|

« 2010年3月のMSセキュリティパッチは2件、非セキュリティパッチの再リリースあり | Main | カリフォルニアバーガー発売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/47785371

Listed below are links to weblogs that reference 6コア32nmのCore i7 980Xのベンチマークが公開:

« 2010年3月のMSセキュリティパッチは2件、非セキュリティパッチの再リリースあり | Main | カリフォルニアバーガー発売 »