« PS3のCinavia DRMブロックでデータの自由度が下がる? | Main | DBアクセスアプリの64bit化はDBアクセスドライバに注意 »

2010.06.18

ユニボディMac miniの内蔵ハードディスク交換は結構容易かも?

macminicolo.netがMac OS X Server仕様のMac miniを分解しています。
どうやら1台目のハードディスクは無線アンテナの裏側にあるようで、比較的容易に外せそうです。

Server仕様だとさらにその下にもう1台搭載していますが、光学ドライブ搭載モデルは2台目のハードディスクのスペースを光学ドライブに使ってそうですから、ハードディスクは最初に取り外せるようになっていると思われます。
この構造なら、シリアルATAポートを引き出すのも容易そうですから、外付けハードディスクをeSATA接続して大容量ファイルサーバにするのも可能かもしれません。
eSATA変換ケーブルとケーブルを通せるフタのセットなんかが出ると非破壊でイケて良さそうですね。

あの丸い穴以外にロジックボードが取り外せそうにないなぁ、と思っていたら、ハードディスクを取り外せば、バックパネルごとスライドさせてロジックボードが取り外せるようになっていて、よく考えられている感じです。

|

« PS3のCinavia DRMブロックでデータの自由度が下がる? | Main | DBアクセスアプリの64bit化はDBアクセスドライバに注意 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/48655869

Listed below are links to weblogs that reference ユニボディMac miniの内蔵ハードディスク交換は結構容易かも?:

« PS3のCinavia DRMブロックでデータの自由度が下がる? | Main | DBアクセスアプリの64bit化はDBアクセスドライバに注意 »