« 下灘駅行きサイクリング (2010/08/28) | Main | 自宅帰還 »

2010.08.30

松山散策 (2010/08/29)

久々に松山を散策しました。
普段は家族の車でドアtoドアなので、たまには歩きもいいだろう、ということで松山まで車で移動してから徒歩と公共交通機関で移動してみました。

Dialy_20100829_1
1軒目はとんかつパフェで有名な清まるです。
実家に帰ったら一度は行こう、と考えていたのですがようやく訪問できました。
今回は昼飯兼用なのですが、さすがにパフェだけは何とも?なので、メニューから明太チーマヨかつ + 白ごはんセット + パフェ + こんにゃく餅 + アイスコーヒーのフルコースです。

Dialy_20100829_2
チーズかつは鉄板ですが、これにマヨと明太を合わせても全然OKです。
中身がこぼれやすいのですが、ごはんにかけてもウマーですし、これはアリでしょう。
ただ、上級のスイーツ系カツはさすがにアレそうなので今回はパスです(笑)

Dialy_20100829_3 Dialy_20100829_4 Dialy_20100829_5
パフェはカツにアイスを載せてリンゴでサンドして食べるのが基本ですが、カツとリンゴの相性は抜群です。
冷やしたカツでクセが無いのが大きいと思うのですが、スイーツとしても十分OKでしょう。
こんにゃく餅もあっさりしていて良い感じです。
ちなみに、パフェは東京ミートレアでも食べられますので、せっかくなので試してみても良いかもしれません。

Dialy_20100829_6 Dialy_20100829_7
食後は道後温泉駅から路面電車で城山公園に移動して愛媛県美術館でメカデザインFOR 1/1 メカニックデザイナー大河原邦男展をチェックです。
大河原さんが今まで携わってきたデザインの仕事や1/1 スコープドッグ1/1 ヒートホーク、タツノコプロやサンライズ系メカのオモチャの展示をやっていました。
スコープドッグは水道橋でも見ましたが、同じくらいの天井の高さでも、明るい場所に置くと印象が変わって見えるのが興味深いですね。
ヒートホークの方は、とりあえず圧殺されたくないということで(笑)
#撮影は不可なので、製作者の方のblogをリンクしています

Dialy_20100829_8 Dialy_20100829_9 Dialy_20100829_10
愛媛県美術館は城山公園内、ということで30年ぶりぐらいに松山城へ徒歩で登ってみました。
130mほど登るのですが、結構汗だくで15分ほどでコンプリートです。
天守閣にも入ってみましたが、江戸末期の建築ということで階段は超急斜面、天井は低めで脚の弱い方にはちょっと大変かもしれないですね。
とはいえ、天守閣から松山周辺が一望できて損は無い感じです。

Dialy_20100829_11
シメは本丸前広場で七折小梅かき氷です。
伊予柑仕様もありましたが、地元の梅ベースでさっぱりして良い感じです。
人によっては味が濃いかもしれないので、店のサーバで水を確保しておくと良いかもしれません。
ちなみに本丸前広場は山プレミア価格で500mlペットボトルが通常価格+50円、かき氷も600円と安くないので、余裕があれば下ってからの方がいいかもしれないですね。

ということで久々に松山散策をしてみました。
今回は車でピックアップ + 徒歩 + 公共交通機関でしたが、自転車でまわるともう少し気楽にイケそうな感じです。
ただ、ロードバイクだと気軽に出れないので、クロスバイクも実家置きしそうになるのが怖いです(笑)

|

« 下灘駅行きサイクリング (2010/08/28) | Main | 自宅帰還 »

Comments

今週もきましたよー。

おおー、なんで、やすんでるんだよぉ。


うおー、パフェすげーなぁ。


またくるね。

明日休みだからさぁ

Posted by: SUG | 2010.08.30 at 16:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/49291013

Listed below are links to weblogs that reference 松山散策 (2010/08/29):

« 下灘駅行きサイクリング (2010/08/28) | Main | 自宅帰還 »