« Panasonic、BDXL対応のブルーレイDIGAを発表 | Main | 意図しない場所からDLLを読み込んで攻撃する »

2010.08.26

ヤマハ、ミドルレンジの3D対応AVアンプを発表

YAMAHAがHDMI 1.4 3D対応のミドルレンジAVアンプを発表しました。
既に下位グレードがHDMI 1.4対応済みですが、Zシリーズの直下のモデルということでRX-V3067は外付けパワーアンプ4chを使うことで11.2chまで拡張可能な構成になっています。
また、DSP-Z11以外のモデルはHDオーディオへのDSP音響効果のサンプリングレートが48kHzに制限されていましたが、RX-V3067はどうも解除されているっぽいです。
この辺りは説明書がダウンロードできるようになったら要確認ですね。

個人的には今使っているYAMAHA DSP-AX4600とHDMIセレクタmarantz VS3002を1台に集約して1080pまで対応できるのは良さげな感じです。

Mos_20100825_1 Mos_20100825_2
今日の昼飯:モスバーガー ポークソテーバーガー + ライスバーガー海鮮かき揚げ + ナゲット
新製品を試してみました。
豚肉がやわらかくて食べやすいですね。
個人的にはアリだと思いますが、モスはどうしても価格帯が厳しいのでおすすめ度は下がりますね。

|

« Panasonic、BDXL対応のブルーレイDIGAを発表 | Main | 意図しない場所からDLLを読み込んで攻撃する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/49252725

Listed below are links to weblogs that reference ヤマハ、ミドルレンジの3D対応AVアンプを発表:

« Panasonic、BDXL対応のブルーレイDIGAを発表 | Main | 意図しない場所からDLLを読み込んで攻撃する »