« 次世代DRAMからはメモリ増設が総入れ替えになるかも | Main | ヤマハ、ミドルレンジの3D対応AVアンプを発表 »

2010.08.25

Panasonic、BDXL対応のブルーレイDIGAを発表

PanasonicがBDXL対応のブルーレイDIGAを発表しました。
キーポイントは

  • 最大128GBのBDXLディスクに対応
  • 2番組同時録画中のブルーレイディスク再生、ダビングに対応
  • 別売のシンプルリモコンと併用することでシンプルリモコンで録画した番組のみの再生・消去が可能

といったところでしょうか。
DRモードで地デジを録画した場合、1層25GBのBD-Rで7話〜12話程度入るのですが、128GBあれば5倍録画できますから35話〜60話と3クール弱〜4クール強を1枚に収めることができます。
もう一声、という感じもしますが、2クールを1枚に収められるのは便利かもしれないですね。

BDXLの気になるダビング時間ですが、メディアの転送レートが最大144Mbpsということで、従来BD-Rの4倍速相当になるようです。
今使っているDMR-BW930 + 4倍速1層BD-Rのダビング時間は20分弱なので、100GBだと80分弱、128GBだと100分弱かかる計算になります。
ダビング時間を考えると、2番組同時録画中のダビング対応は必須だった、ととらえるべきかもしれないですね。

Santa_20100824_1 Santa_20100824_2
今日の昼飯:とんかつ三太 ロースカツ定食 + 半熟卵
郵便局でGPSを郵送したついでに寄ってきました。
半熟卵はソース用なのですが、すりおろしたゴマと半熟卵、とんかつソースを合わせるとめちゃくちゃウマーです。
とんかつソースに生卵を入れているところもありますが、半熟卵は最強かもしれません。

|

« 次世代DRAMからはメモリ増設が総入れ替えになるかも | Main | ヤマハ、ミドルレンジの3D対応AVアンプを発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/49241302

Listed below are links to weblogs that reference Panasonic、BDXL対応のブルーレイDIGAを発表:

« 次世代DRAMからはメモリ増設が総入れ替えになるかも | Main | ヤマハ、ミドルレンジの3D対応AVアンプを発表 »