« 今日の夕飯 (2011/02/02) | Main | 日本酒は燃費いい(笑) »

2011.02.04

2011年製造のBDレコーダ/プレーヤからD端子でハイビジョンが見られなくなる

パナソニックが「D端子接続における、アナログハイビジョン映像出力規制に関するお知らせ」を掲載しています。
AACS規定により、2011年以降新発表のBlu-rayレコーダやBlu-rayプレーヤでD端子接続時に市販のBlu-rayディスクやBlu-rayディスクにダビングした録画データがハイビジョンで見られなくなる、というものです。

少しややこしいのは、ハードディスク上の録画データはこの制約を受けないのですが、BD-RやBD-REにダビングするとAACSで暗号化を行って記録するため、録画BD-Rや録画BDからHDにコピーバックしたものはAACS保護と判断し、ハイビジョンで見られなくなります。

この規定によりコンポーネント端子を装備する意味がなくなったため、廉価版3D対応Blu-rayプレーヤBDT-110はHDMIとコンポジットビデオ端子のみの装備となりました。
もちろん、HDMI接続ではこれらの影響を受けることはありませんが、音質重視で映像はコンポーネント接続、音声のみHDMI接続、といったパターンではハイビジョンで見られなくなりますから接続の見直しが必要になるかもしれません。
また、中古でデジタル放送対応テレビを購入する場合もHDMI端子の有無が重要になってくると思われます。

|

« 今日の夕飯 (2011/02/02) | Main | 日本酒は燃費いい(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/50769715

Listed below are links to weblogs that reference 2011年製造のBDレコーダ/プレーヤからD端子でハイビジョンが見られなくなる:

« 今日の夕飯 (2011/02/02) | Main | 日本酒は燃費いい(笑) »