« BUG、Felica未対応端末にも対応する業務用Felicaリーダーを発表 | Main | マイクロソフト、販売終了のWindows Live OneCareを2011年4月にサポート終了 »

2011.02.25

Apple、Sandy Bridge + LightPeakのMacBook Proを発表

Appleが新型MacBook Proを発表しました。
今回の目玉は全機種Sandy Bridge + Thunderboltポート搭載、それに加えて15インチ/17インチモデルは独立GPUとクァッドコアCore i7搭載、という点です。

ThunderboltはPCI Express + DisplayPortの2種類のプロトコルをサポートしたインタフェースで、ディスプレイ出力とストレージ機器などのインタフェースを同時に兼ねることができるようになっています。
もともとIntelがコードネームLight Peakとして開発していた技術ですが、Intel自身もThunderboltと呼ぶことで、FireWireのような名称混在問題は出ないようです。
現時点ではFireWireポートの置き換えを想定しているようですが、やはりPCIeのプロトコルを使用したPCI Express拡張ボックスの登場を期待したいところです。

気になるところとしてはCPU統合GPU内のH.264エンコーダ/デコーダの活用状況ですが、少なくともデコーダについてはOS経由で活用できるようです。
エンコーダはFaceTimeで使うようですので、QuickTime経由での利用ができることを期待したいです。
また、CPU統合GPU内エンコーダ/デコーダはGPUが無効だと利用できない仕組みなので、常時起動しているものと思われます。
おそらく、AMD製GPUでNVIDIA Optimus相当の実装をしている、ということでしょう。
この機能がBoot Campでも利用できるかどうかは不明ですが、使えるのであれば色々重宝しそうです。

個人的にはUSB 3.0待ちが大きいので、もう1世代待ってIvy Bridge + Panther Pointプラットフォームに移ってから買い換えの予定です。
そろそろBlu-rayを搭載しても良いと思うのですが、再生環境の制約が厳しいのと光学メディアの重要度が下がっている状況では、光学ドライブを廃止して軽量化の方がメリットがありそうですね。

|

« BUG、Felica未対応端末にも対応する業務用Felicaリーダーを発表 | Main | マイクロソフト、販売終了のWindows Live OneCareを2011年4月にサポート終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/50962439

Listed below are links to weblogs that reference Apple、Sandy Bridge + LightPeakのMacBook Proを発表:

« BUG、Felica未対応端末にも対応する業務用Felicaリーダーを発表 | Main | マイクロソフト、販売終了のWindows Live OneCareを2011年4月にサポート終了 »