« 明日から計画停電開始 | Main | AMDの次世代チップセット内蔵USB 3.0コントローラがUSB-IFから承認 »

2011.03.17

SONY、3D対応のフラッグシップモデルを新発表

SONYがHX900の後継機となるHX920を発表しました。
型番上は+20ですが、細かい点で改良されています。

  • 映像エンジンのリニューアル + DRC後継のXCA7を追加したX-Reality PROを搭載
  • ゴリラガラスを採用し軽量化(46インチで-12kg)
  • 消費電力が2割減
  • 横幅が46インチで4cm減
  • 16倍速相当のモーションフロー XR 960を搭載
  • USB外付けハードディスクに録画可能

消費電力が40W下がって12kg軽量化しているところからすると、直下型LEDの搭載数を減らすことでバランスを取っている可能性がありそうです。
HX900を買った人間としては気になるモデルですが、シングルチューナーで裏録不可、と言う点は改善してもらいたいですね。

|

« 明日から計画停電開始 | Main | AMDの次世代チップセット内蔵USB 3.0コントローラがUSB-IFから承認 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/51138323

Listed below are links to weblogs that reference SONY、3D対応のフラッグシップモデルを新発表:

« 明日から計画停電開始 | Main | AMDの次世代チップセット内蔵USB 3.0コントローラがUSB-IFから承認 »