« Jetのサンドボックスモードが有効だとAccessマクロでDir()関数が使えない | Main | 今月のAmazon物資 (2011/05) »

2011.05.17

シマノ、10速Tiagra 4600、10速Deore XT 780を発表

シマノのWebサイトにTiagra 4600Deore XT 780を掲載し正式発表しました。
キーポイントとしては、

  • Tiagra:10速仕様に変更、7900/6700/5700世代と互換性を確保
  • Tiagra:12-30Tのワイドレシオスプロケットを用意、30T対応のリアディレーラも用意
  • XT:マウンテンバイク用トレッキングバイク/クロスバイク用コンポーネントの2種類を用意
  • XT:10速仕様に正式モデルチェンジ
  • XT:シルバー、ブラックの2色展開
  • XT:STIレバー、ローノーマルリアディレーラは廃止
  • XT:Vブレーキはトレッキング用に用意
  • XT:シフターはインジケータ付き、ブレーキレバーと一体化可能なモデルの2種類を用意
  • XT:トレイル用、クロスカントリー用、トレッキング用の3種類のペダルを用意、トレッキング用はフラット面+SPDの両用

といったところです。
Tiagraは現行のDURA-ACEやUltegra、105と互換性を確保できていますから、30Tスプロケットやインジケータ付きSTIレバーを必要とする人には向いているかもしれません。
そういう意味では街乗り用向けの用途に最適になりそうです。

Deore XTはクロスバイク用の48TクランクやVブレーキを用意している、ということでDeore LXの上位グレードという位置付けになります。
やはりLXグレードをクロスバイクの最上位とするのは無理があった、ということでしょう。
ただ、XTはマウンテンバイク用のM型番とトレッキング用のT型番が存在することになりますから、注文時は型番に注意する必要がありそうです。
特にハイドローリックのディスクブレーキレバーとブレーキユニットはM型番とT型番で仕様が異なるため、最も注意が必要でしょう。
※ 2011/05/17追記:ディスクブレーキユニットはM型番のみでT型番はないようです。

個人的にはXTグレードのクロスバイク用ペダルが出たことがありがたいですね。
PD-M324より軽く、PD-A530よりも普通のペダルに近いデザインはアリでしょう。

とりあえず、クロスバイクの買い替えにするのか、近所用ロード買うのかは悩みます(笑)

|

« Jetのサンドボックスモードが有効だとAccessマクロでDir()関数が使えない | Main | 今月のAmazon物資 (2011/05) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/51691422

Listed below are links to weblogs that reference シマノ、10速Tiagra 4600、10速Deore XT 780を発表:

« Jetのサンドボックスモードが有効だとAccessマクロでDir()関数が使えない | Main | 今月のAmazon物資 (2011/05) »