« インターネットから直接リカバリ可能なLion Internet Recovery | Main | 今日のAmazon物資 (2011/07/27) »

2011.07.26

高速電算研究所、GPUを使用したZIPパスワード解析サービス

高速電算研究所がZipパスワード解析サービスを開始しました。
キーポイントとしては、GPUを使用することでIntelプロセッサの100倍のスピードで解析ができる、というものです。

もともとzipファイルのパスワードは弱いので総当たりでも厳しくないのですが、GPUで6桁のパスワードが100秒程度で高速解析できる、となるとほぼ意味を持たなくなりそうです。
このサービスではzipの暗号化ヘッダのみ抽出して預かる、という仕組みなのでサービス側にzipファイル内の情報を見られるということはありませんが、情報漏洩などで漏れたzipファイルをこういったサービスで解析し悪用する、ということが今後行われるかもしれません。
現時点でもクラウドを利用した総当たり攻撃は普通に行われていますし、GPUを使用したクラウドサービスを使用してより高速な総当たり攻撃をかけられることも視野に入ってきています。

こういった悪用を防ぐには、サービス側で提供するツールにファイルシグニチャなどを使ったブラックリスト/ホワイトリストができないか検討が必要かもしれません。
いずれにしても、弱い暗号化だけでは守れない時代になりつつあります。

|

« インターネットから直接リカバリ可能なLion Internet Recovery | Main | 今日のAmazon物資 (2011/07/27) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/52307721

Listed below are links to weblogs that reference 高速電算研究所、GPUを使用したZIPパスワード解析サービス:

« インターネットから直接リカバリ可能なLion Internet Recovery | Main | 今日のAmazon物資 (2011/07/27) »