« September 2011 | Main | November 2011 »

October 2011

2011.10.29

64bit版Windows 7でプロキシ経由のGoogle Updateを有効にする

Google AppsをGoogle Chromeで使っているのですが、msi版をインストールするとプロキシが必要な環境でGoogle Updateが行えないことがあります。
調べてみると、Google Updateサービスを起動しているSYSTEMアカウントのインターネット接続設定にプロキシサーバの設定が行われていないのが原因のようです。

Windows XP/2003はproxycfg、Windows Vista以降はnetsh winhttpコマンドでSYSTEMアカウントのプロキシサーバを設定するのですが、64bitのWindows環境では「%systemroot%\SysWOW64」配下のコマンドを使う必要があります。
これは、Google Updateのプロセスが32bitのため、32bit用のインターネット接続レジストリキーを参照するためです。
32bitのレジストリキーを変更するには、32bit版のnetshコマンドやproxycfgコマンドを使う必要がある、ということですね。

手抜きですが、こんな感じのバッチファイルを書けば32bit/64bitの両方のレジストリキーを更新するのでGoogle Updateがプロキシサーバ経由で行えるようになります。
ただし、この設定を行うとSYSTEMアカウントで動作するWindows Updateなどもプロキシサーバ経由になってしまうため、LAN内のWSUSサーバは除外項目に入れておく必要があります。

REM プロキシサーバの設定
SET PROXY_SERVER="proxy-server.example.com:8080"
REM プロキシサーバの除外項目をセミコロン区切りで指定
SET PROXY_BYPASS_LIST="*.example.com;wsus-server"

REM OSネイティブモードのプロキシサーバ設定
%systemroot%\system32\netsh.exe winhttp set proxy proxy-server=%PROXY_SERVER% bypass-list=%PROXY_BYPASS_LIST%
REM WOW64モードのプロキシサーバ設定
%systemroot%\SysWOW64\netsh.exe winhttp set proxy proxy-server=%PROXY_SERVER% bypass-list=%PROXY_BYPASS_LIST%

もうちょっとちゃんと書くなら、

  • proxycfgコマンドの有無をチェックしてXP/Vista/7兼用にしたい
  • %systemroot%\SysWOW64ディレクトリの有無を見て32bit版Windowsでは無駄コマンドを実行しないようにしたい

あたりでしょうか
いずれもIF EXIST構文を使えば良いので、このあたりを追加すれば良さそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.10.20

Mac App StoreからOS X Lionのアップデート適用済みインストーラをダウンロード

OS X LionのiCloud対応の10.7.2が発表されています。
少し調べてみたのですが、アップデータ公開後にMac App StoreでLionインストーラを再ダウンロードすると最新アップデート適用済みのLionインストーラに更新されるようです。

Mac App StoreでLionインストーラを再ダウンロードするには、HT4718の「OS X Lion のインストール」手順に従い、App Storeの購入済み画面でoptionキーを押しながらダウンロードすればOKです。
これで最新アップデート適用済みのLionインストーラに更新されます。

後はいつものようにInstallESD.dmgをUSBメモリ等に復元すればアップデート適用済みのLionインストールメディアが完成します。
アップデート適用済みインストールメディアが作れればインストール後のアップデート時間を短縮できるので重宝しそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.10.07

たるやで飲み〜

Taruya_20111006_3 Taruya_20111006_3 Taruya_20111006_3 Taruya_20111006_4 Taruya_20111006_5 Taruya_20111006_6 Taruya_20111006_7
今日も色々ニュースがありましたが、たるやで飲んできました。

いつもの定番メニューを食べながら、「子牛のタン塩焼き」を見かけたので初めて注文してみました。
子牛のせいか、クセがなく柔らかでウマーですね。
今回も豚ステーキが一番イケてました。
醤油バターソースがウマーなのですが、食べながら「これをライスに載っけて豚ステーキ丼もアリだなぁ」とか思ってしまいました。
次回訪問時はご飯が頼めるか試してみる事にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.10.06

UEFI搭載のPCではCDブート待ち画面が2回出てくる?

仕事で第2世代Core i3プロセッサ搭載デスクトップPCにWindows 7 x64版のインストールを行っていて気付いたのですが、32bit版Windows 7のリカバリパーティションを残したままインストールできたものと、そうでないものがありました。
どれもHPの同一機種なので違いは無いはずなのですが、よく見ると、このPCではCDブート待ち画面が2回出てきました。

ふと推測してみたのですが、どうやらこういうことのようです。

  1. PCの電源を入れるとUEFIが起動する
  2. UEFIがWindows 7 x64インストールDVDのEFIブートを読み込みブート待ち画面を表示する
  3. EFIブート待ちがタイムアウトするとBIOS互換のCSMが起動する
  4. CSMがWindows 7 x64インストールDVDのBIOSブートを読み込みブート待ち画面を表示する

上記の2.でブートするとEFIを前提としたハードウェアとなるため、ハードディスクのパーティションマップはGPTである必要がでてきます。
そのため、32bit版Windows 7で使用しているMBRは使えないため、パーティション全体を削除してGPTにする必要がある、ということのようです。

逆に4.でブートするとBIOSを前提としたハードウェアとなり、ハードディスクのパーティションマップが従来通りMBRである必要があります。
こちらのモードでは32bit版Windows 7と互換性があるため、リカバリパーティションを消去すること無くx64版Windows 7をインストール可能です。

Windows 7 x64版はEFIとBIOSの両方をサポートしていますから、ハードウェアによってはこのような状態になるようです。
で、EFIでインストールする or BIOSでインストールする、のどちらが良いかですが、

  • CSMはUEFIからCSMを呼び出すまでの待ち時間が発生するので、理屈上はUEFIからOSを起動した方が起動時間が短くなる
  • 起動ディスクに2TB超のハードディスクを使用する場合はGPT必須のためEFIでインストール
  • 2TB未満の起動ディスク、かつ32bit OSのリカバリパーティションを残したい場合はBIOSでインストール

ということになると思います。
この辺りはメーカーのサポート情報やマニュアル見ながら確認ですが、UEFI搭載PCのOSインストールには注意が必要そうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »